【salog】竹田恒泰先生と一緒に行く学生のための伊勢研修、って、そそられます。


05c874dc781a598b70d8ce9eb1495f8b_m_680

去年、平成27年の10月頃、竹田研修会の仙台研修会に参加しました。

竹田恒泰先生と言えば、旧皇族の竹田家に生まれた明治天皇の玄孫でいらっしゃいます。ひょんなことから、研修会のことを知って、参加してみたのですが、よかったですよ。

気軽に行ったのですが、受付など事務局側の人は、なんだか、格式のありそうな、ちょっとそこらのサークルなんかとは比較にならない、なんというか、重厚さというか、不思議な重みがありました。

その時は、新嘗祭が近いということもあって、新米についてのお話を、ウイットを交えながらなさっていたのが印象的でした。天皇陛下は、新嘗祭が終わるまでは、新米を召し上がらないのに、平民たる我々が、さっさと新米を食べちゃうのは、どうなのかなぁ、、、「うちは、新嘗祭が終わるまでは新米を出しません」なんてレストランがあってもいいよね!なんて、冗談交じりにおっしゃっていましたが、まじめに考えれば、確かに、私たちはあまりに呑気に身勝手に考えすぎてるなぁ、、なんて反省しますよね。

と言いつつ、新米が出れば、買って食べちゃうんですけど。。。

その時に、学生のための伊勢研修の話を聞いて、私にも、該当する子供がいたら、参加させたいな、と思ったのです。絶対いいし、凄い経験ができるもの。しかも、学生は無料!

今回第2回ということですが、多分学生枠は締め切っていると思うのですが、一般参加の案内がメールで送られてきましたので、シェアしたいと思います。大人でも参加できるようです。ただし、5万円以上の寄付をしてね。ということです。

子供達の経費になるので、効率的だし、自分に余力と時間が合えば、参加したいと思うのですが、今回は見合わせ。興味のある人は、下記ページ、ご覧になられてみてはいかがでしょうか。↓

第2回「竹田先生と行く学生のための伊勢研修」

お申込みは3月10日17:00に締切とさせていただきました。学生の皆様学生の皆様、昨年も開催し、「貴重な体験ができた」「学校では教えてもらえないことを学べた」と、多くの学生に喜ばれた『竹田先生と行く学生のための伊勢研修』を本年も実施することとなりました。 同世代の人たちと学び、語り合い、共にこれからの日...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする