十七条憲法と聖徳太子のお話


9e93c39e19ad869e5840a5aec21e2ce8_s

5月3日の憲法記念日のことを書いたときに、日本の国柄を知ることの大切さに触れたよね。

日本の国柄(くにがら)って、なんのこと?

って、不思議に思う人もいると思う。
だって、あんまり聞かないし、
そもそも、なんて読むんだろう、、って、ね。
かくいう私も、この言葉を知ったのは、
ここ4~5年位の事だと思う。
お恥ずかしながら。。

スポンサーリンク
simplicity11

日本最古の成文法「十七条憲法って」誰が作ったの?

十七条憲法を読むと、「あれっ?」って思うかもしれない。
これって、僕たち、私たちが、
常日頃大人に言われたりして、
おじいちゃんやおばあちゃんなんかから、
「そういうものなんだよ」「そうあるべきだよ」と
言われていることじゃん、って。
十七条憲法は、
表面的には、お役人さん、官僚の心構えを示したもの
ともいえるけれど、
実は、誰にでも当てはまる、道徳規範でもある、と思う。
聖徳太子は、どうしてこの憲法を作ったんだろうね。

その頃の国際情勢は?

「十七条憲法」は、
604年、聖徳太子が29歳の時に制定されたんだ。
聖徳太子が15歳の時、
大陸では隋が大帝国となっていました。
300年以上混乱していた中国が、
強大な帝国として統一されたんだ。
強大な力をつけた「隋」は、その力を世界に及ぼし、
「隋」中心の国際政治が生まれて、
百済や高句麗など、朝鮮の国々は、
すぐに隋に朝貢し、隋の家来になったの。
聖徳太子も
摂政になって数年後の26歳(600年)の時に
隋に使節を送ったけれど、
家来にはならなかったんだ。
「遣隋使(けんずいし)」って聞いたことあるかな?
家来になるのではなくて、
日本の国を強くして、
みんなでまとまって、
大和朝廷の政治の力を高めて、
国を守ることを選んだんだ。
天皇を中心とした国造りを行なったんだよ。
それを具体的な形にしたのが、
603年の「官位十二階」
604年の「十七条の憲法」
なんだ。

官位十二階ってなに?

簡単に言うと、
天皇が役人の位を決めて、
位を授けること。
それまでは、家柄重視だったんだけど、
これによって、
その人の実力を天皇が見極めて政治のリーダーを選ぶようになったんだ。
この時、聖徳太子は28歳だったんだよ。
驚きだね。

十七条憲法って、なに?

聖徳太子は、
この改革を行なっているときは、推古天皇の摂政だったんだ。
聖徳太子は、考えたの。
実力のあるリーダーを集めたら、
次は、その人たちに政治の正しい考え方や心構えを教え、
まもらせようって
リーダー達が立派でなければ、日本は立派な国にはなれない。
そう考えたんだ。
それで、作ったのが、「十七条憲法」なんだよ。

「十七条憲法」を、わかりやすく直して、短くすると。。

1)和を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。

うっ、、
ちょっと難しい、駄目だぁ。。
なんて思わないで、
最初に、有名な言葉がきているのをお知らせしたかっただけ(#^^#)
「和をもって貴しとす」
有名だよね。
この言葉にも、日本の国柄が現れていると思うよ。
ほら、神代の昔から、、
そう、神話に「あまの岩戸」のお話があるけど、
知っているかな?
太陽の女神さま「アマテラス大御神(オオミカミ)」様が、弟のスサノオノミコトがあまりに乱暴者で、困り果ててしまって、岩戸にお隠れになってしまって、世の中が真っ暗になってしまったという神話。この時、アマテラス大御神様に、なんとか岩戸から出ていただこうと、神様たちが、こうしたらどうだろう、ああしたらどうだろう、と意見を出し合って、会議しているんだよね。
このお話は『古事記』という本にかかれているんだけど、
神代の昔から、みんなで会議して決めてたなんて、なんとも日本っぽいなぁ、、と思う。
ちょっとずれてしまったけど、
こんな精神も、日本の国柄を示すものだと思うんだよね。
話がずれたついでに、
明治政府が新しく発足するにあたって
明治天皇がお示しになられた
「五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)」の第1条にも
一、廣(ひろ)ク會議(かいぎ)ヲ興(おこ)シ萬機(ばんき)公論(こうろん)ニ決(けっ)スヘシ
と、「みんなで話し合って決めよう」って書いてあるんだよ。
なんだか、すごいでしょ。
これが、「日本の国柄」の一つだと思うんだ。
さて、脱線したのを戻さなくちゃ。。
この条文のわかりやすい意味は、

1)和を尊んで、仲良く助け合い、人と争うことのないようにしなさい。そうすれば、政治が正しく進められます。

です。
2条からは、わかりやすく直した言い方で書きますね。
これは、『授業づくりJAPANの日本が好きになる!歴史全授業』(齋藤武夫著)からの引用になります。

2)仏(仏教)の教えを大切にしなさい。そうすれば、正しい政治が行われます。

3)天皇のお言葉には、必ず従いなさい。そうすれば、國はまとまって発展できます。

4)リーダーこそ、礼儀正しくしなさい。そうすれば、下の者がそれにならいます。

5)富める者にも、貧しきものにも、公平な政治を進めなさい。

6)悪をこらしめ、善をすすめる政治をしなさい。それがない国は、滅びます。

7)家柄や身分ではなく、その人の実力にふさわしい仕事を与えなさい。

8)国づくりの仕事には暇がない。朝早く役所に来て、夕方遅くまで仕事をしなさい。

9)口先ではなく、嘘いつわりのない真心の政治を進めなさい。

10)意見が対立しても、国を思う気持ちは同じです。まずは、自分が間違っているのではないかと考え、人の話をしっかり聞いて、正しい道を見つけなさい。

11)手柄を立てたら、必ず賞を与え、間違いを犯したら、必ず罰を与えなさい。そのけじめがしっかりすれば、国はまとまり発展します。

12)国の中心は、天皇ただ一人です。税は朝廷(天皇)だけが集めるようにしなさい。

13)リーダーは、お互いの仕事を知り、いつでも代われるようにしなさい。

14)リーダーは、人をうらやんだり、ねたんだりしてはなりません。

15)国のリーダーは、自分のすべてを国のためにささげなければなりません。

16)民衆こそ国の宝です。彼らが忙しいときに、国の仕事をさせてはいけません。

17)国の大事は、一人で決めてはいけない。大勢が話し合えば、智慧(ちえ)が集まり、必ず正しい道が見つかります。

これらの条文ひとつひとつが、今私たちが聞いても、そうだよなぁ、、って思うことだよね
これが、私たちの国、日本の国柄を表すものだと思うの。
70年前に日本が戦争に負けて、
GHQが作って押し付けてきた現憲法「日本国憲法」には、
こういう、私たちの国柄が、全く入っていないの。
だって、日本が強い国に戻ってほしくなくて、
日本を壊したくて、無理やり押し付けた憲法なんだから、
当然といえば、当然だよね。
今、憲法を変えよう、とか、
変えちゃいけない、とか、
色々と議論が出ているけれど、
自分たちの国のルールは、自分たちで作るのが、普通だと思うんだ。
そして、
作るためには、私たちの祖先が、
神様の御代から、2600年以上も、
連綿と受け継いできた私たちの国、日本の国柄を、
学び直し、見つめ直すことが、とても大切だと思う。


聖徳太子の和歌が万葉集にあるって、知ってた?↓

聖徳太子の和歌が、万葉集にあるって知ってた?
家にあらば妹(いも)が手まかむ草枕 旅に臥(こや)せるこの旅人(たびと)あはれ 聖徳太子(敏達(びだつ)天皇3年(574)~推古...