小学生百人一首大会ルール


34bff0bc28d4a594248d6a9e1e2355d2_s

「キッズパーク第2回小学生百人一首大会の流れとルール」は、下記のとおりです。

基本的にこの方法で行う予定です。

流れ

1. 読み手の合図で挨拶、握手をしよう。

2. じゃんけんで勝った方が最初に好きな方の束を選ぼう。
そのとき、一番上の1枚しか見ちゃだめだよ。

3. 札の頂点を合わせて、札をならべよう。横はあけるよ。
準備ができたら、「準備できました」と手を挙げて言おう。

4. 「札を覚えてください」と審判に言われたら、1分間、札をおぼえてね。裏をみてもいいよ。どこに、どの札があるか、おぼえるのもいいよね。札の位置を動かしちゃ、だめだよ。

5. 1分経ったら、読み手は歌を詠みます。
ご用意良ければ、昭憲皇太后の御歌を一首
磨かずば 玉も鏡もなにかせん 学びの道も かくこそありけれ
この歌が詠まれたら、競技開始だ!

6. 姿勢を正して、手は、膝の上。手をかざしながら札を探してはいけないよ。

7. 札は17枚読んで、多くとった方が勝ち。

8. 下の句は、1回読まれます。出札(読まれた札)が見つからなくても、次の歌が詠まれるよ。その時は、あきらめて、つぎの歌を探してね。

9. 札を取る時は、「はい」と大きな声で!
取った札は、自分の右側に、裏返しにして置こう。

10. 同時の場合は、手が下の方。不明の時は、じゃんけんで決める。

11. 読み手が札を読む間(間の時間)は、札の後ろを返して、覚えてもいいよ。次の札を読み始めたら、見てはだめ。

12. お手付きは、パンパン、と2つ札を取った場合は、2回のお手付きとなるよ。

13. お手付きした札は、捨て場に、表向きにして置こう。

14. 捨て場に出した札は、次に勝った人が取るんだ。取り忘れて次の札が読まれだしたら、もう取ることはできないよ。

15. 試合中、場の札の枚数が減っても、札の場所を動かしてはダメ

16. 自分たちの組が札を取った後も、読み手が歌を詠んでいるときがあるよね。その時は、取り札の裏をみて覚えていいよ。だけど、次の札を読み始めたら見ちゃだめなんだ。

17. 次の札を読み始めたら、それ以前の札を取ることはできないから気をつけて!

18. 百人一首は、正座で。寝転んだり、動き回ったりしたときは、ペナルティーとして、持ち札を1枚捨て場に出すことになるよ。

19. 17枚読んだら終了。多くとった方が勝ち。

20. 取った札の枚数が同じだった場合は、残りの3枚の札の中から「勝負の1枚」を読む。この札を取ったものが勝ち。もしくは、お手付きをしたものの負け。この「勝負の1枚」は、「取った枚数」には含めないでね。

21. 試合が終わったら、審判は取った枚数と勝敗を対戦カードに記入。これがおわるまで、参加者はその場を動いてはいけないんだ。

22. 全ての対戦カードの記入を確認したら、読み手の「ありがとうございました」の後に続いて「ありがとうございました」と、握手、礼をしよう。札が20枚揃っていることを確認して札をおいて、次に進もう。

お手付きのルール

1.間違えた札に触れたら「お手つき」。
お手つきした場合には、自分の取った札から1枚、捨て場に出す。
・2度お手つきがあったら2枚出す。
・持ち札がない場合には、「1回休み」。

2.自分の前、相手の前、どちらの札もお手つきとなる。

3.「捨て場」は、札の真ん中左側。お手つきの札はそこに重ねて置く。

4.「捨て場」の札は、次の札を取った人が1枚だけもらえる。
同じ読み上げの中で、片方が間違えてお手つきをし、もう片方が正しい札を取ったとしても、場の札はもらえない。

5.「捨て場」に2枚以上あった場合には、その次の札を取った人も1枚もらえる。

6.試合終了後に、「場」に札が置かれていることもあり得る。

※今回のルール作成に当たっては、TOSS五色百人一首大会公式ルールを参考にしました。

※このルールをプリントアウトしたい場合は、下記「pdfファイル」をクリックしてくださいね。

pdfファイル

大会の総合案内ページは、こちらです↓

第2回小学生百人一首大会
8月21日(日)午前に、第2回小学生百人一首大会を開催します。 会場は、ミューカルがくと館(郡山市)です。 ごあいさつ ★...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする