「稚心(ちしん)を去れ」~橋本左内(はしもと さない)の教え


dscn7524_2_680

橋本左内(はしもと さない)という名前を聞いたことがありますか?

橋本左内は、幕末に生き、わずか26年という短い生涯を駆け抜けた武士です。

吉田松陰と同時代に生きた人で、松陰と同じように「安政の大獄」で刑死しました。

「井伊大老が橋本左内を殺したという、その罪だけで、徳川氏は滅亡しても仕方がない」と言われたほどの人物でした。

さて、

彼は、数え年15歳の時に、『啓発録(けいはつろく)』を書きました。

ここに述べられた言葉は、100年以上たっても、今なお新鮮に、私たちの心を戒め、導いてくれます。

『啓発録』には、5つの大切なことについて書かれてあります。

  1. 稚心(ちしん)を去れ
  2. 気を振(ふる)う
  3. 志を立つ
  4. 学に勉(つと)む
  5. 交友を択(えら)ぶ

『啓発録』の冒頭は、次のように始まります。

稚心(ちしん)を去れ

稚心とは、幼なごころということにて、俗にいう童(わらび)しきことなり

果菜の類のいまだ熟せざるをも、稚という。

稚とは、すべて水臭きところありて、ものの熟して旨き味のなきを申すなり。

何によらず、稚ということを離れぬ間は、ものの成り揚がることなきなり。

人にありては、竹馬・たこ、打毬の遊びを好み、あるいは、石を投げ虫を捕らうる楽しみ、或いは、糖果、そざい、甘旨し食物を貪り、怠惰安逸に耽り、父母の目を盗み、芸業職務を怠り、或いは、父母によしかかる心を起こし、或いは父兄の厳にはばかりて、とかく母の膝下に近づき隠るることを欲する類い、皆、幼童の水臭き心より起こることにして、幼童の間は強いて責むるに足らねども、十三四にもなり、学問に志し候上にて、この心、毛ほどにても残りこれある時は、何事も上達致さず、とても天下の大豪傑となることは叶わぬものにて候。

「子どもっぽい心」を捨て去らない限り、何をやっても決して上達はしない、とても世に知られる人物となることはできない。まず、「稚心を去る」ことが、立派な武士になるための第一歩であると考える。

そう、左内は決意します。

この「稚心を去る」という言葉だけでも、十分すぎるほど、私たちの心を引き締めてくれますね。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする