[十七番歌]ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川、、は絢爛豪華な屏風絵に添えられた


ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは

(在原業平朝臣/古今集)

人気コミックや映画でおなじみのこの和歌は、綿々たる歴史を彩る秋の素晴らしい風景を歌い上げています。

現代語訳は、

とにかく不思議なことが多かった神代の昔にも、こんなことは聞いたことがない。

まさに龍田川は、紅鮮やかな唐錦そのもの、その下を水がくぐるなんて。

という意味。奈良県にある竜田川が、紅葉に染められている美しい様を詠んでいます。

在原業平は、六歌仙の一人。天才詩人で、とっても美男子だったんですって。

この歌は、「屏風歌(びょうぶうた)」といって、屏風に描かれた絵のわきに和歌をつけたもの。

『古今集』の詞書(ことばがき)には

「二条の后の東宮の御息所(みやすどころ)と申しける時に、御屏風に竜田川に紅葉流れたる形を描けりけるを題にてよめる」

とあります。

豪華絢爛(ごうかけんらん)な屏風絵。いったいどれだけ美しい屏風絵だったのでしょうね。

そういえば、余談ですが、

『伊勢物語』には、在原業平が小野小町に歌をおくて、つれない返歌をされたことが記されています。

参考:

『古今和歌集』(新潮日本古典集成)

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』