おすすめ本→『ある明治人の記録』


「幾たびか筆取れども、胸塞がり涙先立ちて綴るにたえず、

むなしく年を過して齢既に八十路を超えたり。。。。。
。。。。。。
父母兄弟姉妹ことごとく地下にありて、

余一人この世に残され、

語れども答えず、

嘆きても慰むるものなし。
四季の風月雪花常のごとく訪れ、

多摩の流水樹間に輝きて耐えることなきも、

非業の最後を遂げられたる祖母、母、姉妹の面影瞼に浮かびて余を招くがごとく、

懐かしむがごとく、また老衰孤独の余を憐れむがごとし。。。」
『ある明治人の記録~会津人柴五郎の遺書』(中公新書)

会津生まれ育ちの私としては、、

明治維新!江戸城無血開城!などと明るく語られる歴史に、違和感があります。
この本、

美ししいけれど、悲しい言葉が、流れるように心に染み入ってきます。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする