江戸時代、寺子屋で子供達が習っていた『実語教』


平安時代の終わりにできて、以後明治の初めまで使われていたという『実語教』

テンポよく、人の道を説いていて、いい感じです。

素読用に読み下し文を下に記しますね。

江戸時代、寺子屋で学ぶ子供たちは、この実語教をそらんじていたと言います。

今の時代にも、色あせることなく、素晴らしい言葉の数々です。

『実語教』読み下し文

山高きが故に貴からず。樹有るを以て貴しとす。
人肥えたるが故に貴からず。
智有るを以て貴しとす。
富は是一生の財(たから)、身滅すれば即ち共に滅す。
智は是万代の財、命終われば即ち随って行く。
玉磨かざれば光無し。光無きを石瓦とす。
人学ばざれば智無し。智無きを愚人とす。
倉の内の財は朽つること有り。
身の内の才は朽つること無し。
千両の金(こがね)を積むといえども、一日の学にはしかず。

兄弟常に合わず。慈悲を兄弟とす。
財物(ざいもつ)永く存せず。才知を財物とす。
四大(しだい)日々に衰え、心神(しんじん)夜々(やや)に暗し。
幼時(いとけなきとき)勤学せざれば、老いて後恨み悔ゆといえども、
尚所益有ること無し。
かるが故に書を読んで倦むことなかれ。
学文(がくもん)に怠る時なかれ。
眠りを除いて通夜(つうや)に誦(じゅ)せよ。
飢えを忍んで終日(ひめもす)習え。

『実語教』解説 その1
『実語教』の中で、私がわかりづらいな、と思ったところを解説していきますね。? まず初めは、冒頭から区切りのいいところまで(^_^;)、...

師に会うといえども学ばざれば、
徒(いたずら)に市人(いちびと)に向かうが如(ごと)し。
習い読むといえども復せざれば、
只隣の財(たから)を計(かぞ)うるが如し。
君子は智者を愛し、小人は福人(ふくじん)を愛す。
富貴の家に入(い)るといえども、財無き人の為には、
なお霜の下の花の如し。
貧賤の門(かど)を出ずるといえども、智ある人の為には、
あたかも泥中の蓮(はちす)の如し。

『実語教』解説 その2
『実語教』解説(2) 「師に会うといえども学ばざれば、  徒(いたずら)に市人(いちびと)に向かうが如(ごと)し。  習い...

父母は天地の如く、師君は日月(じつげつ)の如し。
親族はたとえば葦(あし)の如し。夫妻(ふさい)はなお瓦の如し。
父母には朝夕(ちょうせき)孝せよ。師君には昼夜に仕えよ。
友と交わりて争う事なかれ。
己より兄には礼敬を尽くし、己(おのれ)より弟には愛顧を致せ。

人として知恵無き者は、木石(ぼくせき)に異ならず。
人として孝無き者は、畜生に異ならず。
三学の友に交わらずんば、なんぞ七覚(しちがく)の林に遊ばん。

『実語教』解説 その3
(2)からの続きです。 「人として知恵無き者は、木石(ぼくせき)に異ならず。  人として孝無き者は、畜生に異ならず。  三...


四等(しとう)の船に乗らずんば、誰か(たれか)八苦(はっく)の海を渡らん。

『実語教』解説 その4
『実語教』解説(4) (3)からの続きです。 「四等(しとう)の船に乗らずんば、誰か(たれか)八苦(はっく)の海を渡らん。」 ...

八正道は広しといえども、十悪の人は往かず。
無為の都は楽しむといえども、放逸の輩(ともがら)は遊ばず。
老いたるを敬うは、父母の如し。
幼(いとけなき)を愛するは子弟の如し。
我他人を敬えば、他人また我を敬う。
己(おのれ)人の親を敬えば、人また己が親を敬う。
己が身を達せんと欲する者は、
先ず他人を達せしめよ。
他人の愁(うれ)いを見ては、即ち自ら共に患(うれ)うべし。
他人の喜びを聞いては、即ち自ら共に悦ぶべし。

善を見ては速やかに行え。
悪を見てはたちまち避けよ。
善を修する者は福を蒙(こうむ)る。
たとえば響きの音に応ずるが如し。
悪を好む者は禍(わざわい)を招く。
あたかも身に影の随うが如し。
富むといえども貧しきを忘るる事なかれ。
貴しといえども賤(いや)しきを忘るることなかれ。
あるいは始めは富みて終わり貧しく。
あるいは先に貴くして後(のち)に賤し。
それ習い難く忘れ易きは、音声(おんじょう)の浮才(ふさい)。
また学び易く忘れ難きは、書筆の博芸。

ただし食有れば法在り。また身在れば命有り。
なお農業を忘れず。必ず学文(がくもん)を廃することなかれ。
かるが故に末代の学者、先ずこの書を案ずべし。
これ学問の始め、身終わるまで忘失することなかれ。

『実語教』解説 その5 (最終)
『実語教』解説(5/最終) (4)からの続きです。 「八正道は広しといえども、十悪の人は往かず。  無為の都は楽しむといえ...

大人の私も、そうだよなぁ、、と

改めて身を引き締めるところ多く、、、

難しい言葉が、ところどころに出てきますので、その説明を追ってしていきますね。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする