「教育勅語の12徳」を見てみましょう


今話題の教育勅語、

どんなことが書いてあるか、意外と知らないですよね。

分かりやすくまとめた教育勅語の12徳をご紹介しますね。

教育勅語の12徳

孝  行 子は親に孝養をつくしましょう。

友  愛 兄弟、姉妹は仲よくしましょう。

夫婦の和 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう。

朋友の信 友だちはお互いに信じ合ってつきあいましょう。

謙  遜 自分の言動をつつしみましょう。

博  愛 広くすべての人に愛の手をさしのべましょう。

修学習業 勉学にはげみ職業を身につけましょう。

智能啓発 智徳を養い才能を伸ばしましょう。

徳器成就 人格の向上につとめましょう。

公益世務 広く世の人々や社会のためになる仕事に
はげみましょう。

遵  法 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう。

義  勇 正しい勇気をもって国のために真心をつくしましょう。

とてもいいことが書いてありますよね。

この教育勅語は、たくさんの国がその国の言葉に翻訳して教育に使っていると聞いています。

教育勅語に対する偏見が、早くなくなってほしいと願います。

教育勅語には、神話の時代からの日本の心が詰まっているよ
割と最近、某新聞社から、教育勅語を取り入れていることについて話を聞きたい、という打診がメールでありました。どうしようかなぁ、、と思い...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする