相槌を打つタイミングって、日本語と英語では違うのね。


時々観るIU-Connect

今回観たこの相槌に関する日米の違いについての動画、

なんか、嬉しかったです。

日本語では、相槌を会話の途中に沢山入れるけれど、

それを英語でもやると、

話聞いてくれていないんじゃない?という疑念を生んでしまう、

おそれがあるというお話です。

この話を聞いて、ほっとしました。

実は、私は、相手の話をじ~と無言で聞いているらしくって、

話聞いているように相手に伝わらないよ、

とか、

そっけない

とか、

不評だったんですよね。ずぅ~~~~っと。

なんで?

真剣に相手の話を聞いているだけなのにぃ。。。

と、なんで否定的な意見が出るのか、不思議で不思議で仕方がなかったのですが、

この動画をみて、

あぁ、、私は、アメリカ風だったんだなぁ。。

と、なんか、ちょっとほっとしたりしたのでした(^-^;

相槌を打った方がいいよ、というアドバイスを受けてからは、

電話でも、

「うんうん」「ええ」「そう」「はい」

等、相槌ワードを入れて、聞いているよ、と伝えているのですが、

英語では、これが逆効果だそうで、

自分の話をホントに聞いてくれているのかな、と疑念を感じてしまうんだとか。。

少なくとも、一つの文章を言い終わってか、それに対して反応をした方がいいそうです。

こんなところにも、文化の違いってあるのですね。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする