聖徳太子の17条憲法 今の言葉でみてみると?[#17]


「和をもって貴しとなす」で有名な、聖徳太子の17条憲法。
他には、どんなことが書かれてあるんだろう。

『日本書紀』には、こんな風に書いているよ。

夏四月丙寅朔戊辰、皇太子親肇作憲法十七條。
一曰、以和爲貴、無忤爲宗。人皆有黨。亦少達者。以是、或不順君父。乍違于隣里。然上和下睦、諧於論事、則事理自通。何事不成。
(読み下し文)


夏四月丙寅朔の戊辰の日に、皇太子、親ら肇めて憲法十七條(いつくしきのりとをあまりななをち)を作る。
一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。或いは君父(くんぷ)に順(したがわ)ず、乍(また)隣里(りんり)に違う。然れども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

難しくて読めないよねぇ~
分かりやすく直して、短くしたものが、この(『授業づくりJAPANの日本が好きになる!歴史全授業』(齋藤武夫著)という本に書いてあるので、これから引用してみるね。


1.和を尊び、人と争うことがないようにしなさい。そうすれば政治が正しく進められます。(仲良く)
2.仏の教えを大切にしなさい。そうすれば、正しい政治が行われます。(仏教)
3.天皇のお言葉には、必ず従いなさい。そうすれば、国はまとまって発展できます。(天皇中心の国)
4.リーダーこそ、礼儀正しくしなさい。そうすれば、下の者がそれにならいます。(礼儀)
5.富める者にも、貧しきものにも、公平な政治を進めなさい。(公平)
6.悪をこらしめ、善を進める政治をしなさい。それがない国は、滅びます。(善を進め悪を滅ぼす)
7.家柄や身分ではなく、その人の実力にふさわしい仕事を与えなさい。(能力にあった地位≪冠位十二階≪)
8.国造りの仕事には、暇がない。朝早く役所に来て、夕方遅くまで仕事をしなさい。(勤勉)
9.口先ではなく、嘘いつわりのない真心の政治を進めなさい。(信頼)
10.意見が対立しても、国を思う気持ちは同じです。まず、自分が間違っているのではないかと考え、人の話をしっかり聞いて、正しい道を見つけなさい。(自己中心をやめ、人の意見を聞く)
11.手柄を立てたら、必ず賞を与え、間違いを犯したら、必ず罰を与えなさい。そのけじめがしっかりすれば、国はまとまり、発展します。(賞罰)
12.国の中心は天皇ただ一人です。税は朝廷(天皇)だけが集めるようにしなさい。(税は天皇(国)へ)
13.リーダーは、お互いの仕事を知り、いつでも変われるようにしなさい。(助け合い)
14.リーダーは、人をうらやんだり、妬んだりしてはなりません。(人をねたむな)
15.国のリーダーは、自分の全てを国のために捧げなければなりません。(国のために尽くせ)
16.民衆こそ、国の宝です。彼らが忙しい時に、国の仕事をさせてはいけません。(国民を大切に)
17.国の大事は一人で決めてはいけない。おおぜいが話し合えば、知恵が集まり、必ず正しい道が見つかります。(話し合いで決める)
(『授業づくりJAPANの日本が好きになる!歴史全授業』(齋藤武夫著より)


17条憲法が制定されたのは、西暦604年
聖徳太子が、まだ15歳だった時に、大陸では、が、300年以上混乱が続いていた中国を統一して、大帝国になり、中国中心の国際社会になって、朝鮮の国々は、すぐに隋の家来になったんだ。
聖徳太子は、倭国(日本)が随の支配におかれないように日本の土台を急いでしっかりさせなければならない、国のまとまりを強くしなければならないと思って、十七条憲法をつくったんだって。

本当は、一条一条がもっと長い文だから、また、折をみて、一緒に勉強してみようね。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする