教科書から消えた言葉~GHQによる「ダメ!」


ぼくね、学生の頃、日本史に全く興味がなかったんだ。
高校の時も、世界史はいっぱい暗記したけど、日本の歴史は、全然頭に入ってこなくて、大嫌いだった。
日本史のテストだけ、めちゃくちゃ点数悪かったんだ。

なんで、日本史だけ、勉強したいと思わなかったのかなぁ。その理由が、なんとなくわかったんだ。
それは、ね。本当の話じゃなかったからなんだよ。
つじつまの合わない話っていうのかなぁ、、真実が少なくて、繋がりがないから、響いてこなかったんだなぁ、、って思う。
じゃあ、なんで、ホントの話じゃないの?
ってことなんだけど。

GHQって、聞いたことあるかな?
連合国軍最高司令官総司令部っていうんだ。
日本は戦争に負けたけど、日本人の強さ、精神の高邁さがとても恐ろしかったGHQは、日本の心をズタズタに破壊して、二度と立ち上がれないようにしようと、たくさんの「ダメ!」を日本に無理強いしたんだ。
その、「ダメ!」の中に、愛国心につながる言葉や、神話・国家的英雄や天皇陛下の事神社に関する言葉等が あったんだよ。
こういう言葉を使わないように、教科書を黒塗りにしたり、検閲したり、本を焼いて史実を消そうとする焚書というものを行なったり、それはそれは 厳しく取り締まったんだ。

GHQの教科書検閲によって、教科書から削除された用語を少し紹介するね。

1. 天皇に関する用語

現御神(あきつみかみ)、
現人神(あらひとがみ)、
上御一人(かみごいちにん)、
大君(おおきみ)等。

2. 国家的拡張に関する用語

躍進日本、
南進日本、
八紘一宇、
皇国(すめくに)の道、
肇国(ちょうこく)の精神、
天業恢弘(てんぎょうかいこう)

3. 愛国心につながる用語

国体、国家、国民的、わが国 等。
・家永三郎氏が戦後最初の歴史教科書『くにのあゆみ』を書いた際、
「わが国を立て直す」(reconstruct our country)という言葉が、愛国心につながるという理由で禁止され(ourが消された)、「民主主義の国をつくる」(construct a democratic country)に改められたそうなんだ。
[日本は、戦前から民主主義国家だよ!]

4. 日本国の神話の起源や、楠木正成のような国家的英雄及び道義的人物としての皇族

東郷元帥や乃木大将に触れること等。

5.神道や祭祀、神社に関する言及


(『日本が二度と立ち上がれないように、アメリカが占領期に行ったこと』(高橋史朗著)より)

知ってる言葉、ある?
どれもこれも、日本にとってはとても大切な言葉なんだ。

その言葉を、使っちゃいけないって。
大東亜戦争、という言葉も使っちゃいけなくて、太平洋戦争と言うように強制されたんだよ。日本は、自分の国を守り、アジアの国々を西洋列強の植民地支配から守るために戦ったのに、そういう事実は、一切教えることや学ぶことが許されなかったんだ。

GHQの占領政策は7年間で終わりはしたものの、捻じ曲げられた歴史観は、その後も大きく大きくなっちゃって、未だに、嘘と捏造の歴史が大手を振っているんだ。

だけど、こんなの、おかしいでしょ?
自分の国の歴史は、外国によって書き換えられていいものではないもん。
僕たちは、自分たちの国、日本の歴史を、真剣に学び直さなければならないって思うんだ。  じゃあ、またね。

[参考]