日本が大好き!歴史を学ぶと、良いことがいっぱい♪



今日は、どうして歴史を学ぶの?

神話や日本の国の成り立ちや国の形、ご先祖様たちがどう生きてきたかを学ぶと、いっぱい良いことがあるって、どういうこと?

というお話だよ。

君は、パパとママから生まれてきたよね。パパは、誰から生まれてきた?

そう、パパにもパパとママがいるよね。君から見たらおじいちゃん、おばあちゃん。

そして、おじいちゃん、おばあちゃんにも、夫々両親がいる。

おじいちゃんおばあちゃん4人いて初めて、君が生まれてる。

じゃあ、そのもっと前は?
ねっ?
君が生まれてくるまでに、一体、何人の人と繋がっているんだろう。

その一人でも、いなかったら、君は今ここにいなかったのかもしれないね。
君が今存在するのは、ご先祖様たちが紡ぎ紡いできてくれた「命のバトン」のお蔭なんだ。
せっかく紡いでもらった命は、君一人のものじゃないんだ。

この絆を、今度は君が、次の世代に引き継いでいかなければならないだ。

責任重大だよ!

歴史っていうのは、ずうぅ~~っと昔から今まで、「命」を感じながら、調和を大切に綿々と繋いできた、ご先祖様たちのあゆみなんだ。それを、君たちは、今度は自分が紡いでいく番なんだよ。

つまりね、

歴史」は、本の中の事でもなければ、「他人ごと」でもなくって、「自分の事」なんだ。

このまえ、小学生や中学生に「日本がすきになる!歴史」を教える活動をしている齋藤武夫先生のお話を聞きに行ったんだ。すっごく、よかったよ。

先生はこうおっしゃったんだ。
「日本人の先祖が力を合わせて日本という国を作り、守り、発展させてきた。歴史とはご先祖様の国づくりのバトンパス。正しい歴史教育が自尊感情を生み、情緒や、思いやり、責任感、向上心、規範意識、逆境への強さなどを生む。」って。

自分の体・心は、自分だけのものじゃない、社会の財産なんだから、次の人に良いバトンを渡せるように、きちんと学ぼう。恥ずかしくない生き方をしよう、って思うようになるよね。自分だけの体や心じゃない、って思えば、とてもつらいことがあっても、芯は崩れない。乗り越えることができるんだ。

先生は、こうも言ってるよ。

誇りある日本人を目指して、「先人への感謝と国を愛する心」を育てるのが歴史教育の重大な使命だって。

「国家は、国民が支えあう共同体」
「日本は、素晴らしい国」
「日本は、世界に誇れることを沢山やり遂げてきた国」

こういうことを、歴史を紐解きながら教えていけば、子供たちは「自分を大切に思う気持ち」を高めることができて、心も穏やかに優しい気持ちが持て、世の中のために、人のために役立とう、っていう気持ちが湧いてくるって。

そういう気持ちを持った人が、一人でも2人でも増えれば、日本という国は、もっともっと強く優しくなれるよね。

自尊感を育てる歴史教育が大切だというお話でした←授業づくりJapan齋藤先生の講義から
平成29年9月2日に、 齋藤武夫先生の 『「日本が好きになる!歴史授業」の考え方と講義』という講演+講義を聴きました。 予...
齋藤武夫先生の講演と模擬授業へのお誘いです(9/2開催)
ことふみでは、子供たちに、日本のことを知って貰おうという趣旨で、神話や古事記、昔のお話や、歴史について、毎回色々なお話をしています。 自分...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする