ハワイのカラカワ王が、日本との縁組を望んだ時のことを少し、、


明治14年に、

ハワイのカラカワ王が世界歴訪の途中来日、

明治天皇に密かにお会いになった。

ハワイにおける西洋人増加、

浸透を憂慮し、

ハワイ王朝を存続させるために、

皇室との縁組を申し出、

日本の皇室とハワイ王室の縁組によって、

アメリカのハワイ併合を阻止しようとした。

明治天皇は熟慮されたのち、翌年その申し出をお断りになられた。

その後、明治26年(1893年)

米国は軍艦ボストン号から150名の海兵隊を上陸させてハワイ政庁を奪取、

王制を廃止した。

その5年後の1898年、

米国はハワイ併合。

ハワイ王国が軍隊を持たなかった故だそう。

日本、大丈夫?


下記の本を今読み始めたのだけど、

タイトルは、なんだかちょっと、おどろおどろしい感じがするけど、

読みやすい。

あぁ、あの出来事の背景にはこういうことがあったのか、とか、

理解を助けてくれる。

ハワイ王朝と皇室との縁組の話についても、

明治天皇がお断りになられたお言葉も知ることができる。

この本、いいですよ。

事実を知りたい。
そんな願いを叶えてくれる本の一つだと思います。