ことふみ論語カード


ことふみ論語カードは、

小学生と論語の素読をしていく中で、

飽きずに楽しく論語の素読をする手段として編み出したカードゲームです。

微妙で適度な勝負感がワクワク感をアップさせ、

カードを出す度に声に出して発話することで、

言葉が体に自然と入り込んでいきます。

小学生から大人まで、年齢・経験を問わず、みんなで楽しめます。

是非、ご家庭で、お友達同士で、

大人のちょっとした余興としてお楽しみいただければ幸いです。

楽しいですよぉ~♪

内容

論語カード 36枚(1-9までのカードが4色に分けられています)

スペシャルカード 18枚

説明書

対象

2~6人

小学生~大人

遊び方

小学生が、遊び方を説明しています。ご参考にどうぞ(#^^#)↓

1.カードを7枚ずつ配ります。

2. 配った残りを裏返しに重ねて、中央に置きます。

3. 最初にプレイする人を決めます。
時計回りに、プレイします。

4. 中央の山の一番上のカードを裏返し、出た色もしくは数字と同じものが、最初のプレイヤーの持ち札にあったら出します。持ち札の中に候補がない時は、中央の山から1枚ずつ取ります。

5. 色違い同じ数字カードは、何枚でも同時に出すことができます。
その場合は、前の色と同じ色を下にして重ねて出します。

6. 持ち札を出す時には、そのカードに書かれてある言葉を必ず発話します。

これが、大切!

出す人だけで言ってもよいし、全員で言っても良い。習熟度によって調整すると楽しいです。

7. 最初に持ち札がなくなった人、もしくは、中央の山がなくなった時に、持ち札の一番少な
い人が勝ち。但し、最後にスペシャルカードを出すことはできません。必ず番号札であがら
なければならないので、ない場合は、中央の山から引きましょう。

8. スペシャルカードを使うとゲームは思わぬ展開に♪

9.札を出す時に発話しなかったら、罰として中央の山から1枚カードを貰う等、独自のルールを加えても楽しいですよ。

10.詳しい遊び方は、説明書をみてね。

手に入れる方法

ことふみ事務局までお問い合わせください info@kids-college.co.jp

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする