Q低学年にとって難しい内容ですか?


今回の百人一首は、3部構成になっていて、部門2)が「知っているかなあれやこれ」というちょっとお勉強モードのものになっています。

それが、意外とネックになってしまって、「申し込みたいけど二の足を踏んでしまう」という声をちょこちょこ頂戴しています。特に低学年。

確かに、、

そ~ですよね~

抵抗あるっていう気持ち、わかります。

ホームページのコラムを見て情報仕入れてね、といわれてもね~

というのもわかります。(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

第一、

ホームページの内容は、子供向きというより、大人向きですもの。

はい、自覚あります(^-^;

ただ、当日の問題は、低学年でもこたえられるような切り口になります。

事前に、ヒントをメールなどでお知らせする予定でもいます。

直前のご案内の頃には、小学生向けの書き方に落とし込んでいきたいと思っています。

問題のイメージは、

こんな感じも考えています↓

これは、お正月に開催した親子学習会で出した問題です。

この時は、この問題をやる前にプロジェクターを使って、日本のはじまりのお話を聞いた後にみんなで考えたこともあり、

「え~さっきやったじゃん、簡単すぎ!」

と子供たちは物足りなげでした(#^^#)

今回は、百人一首についての問題になるので、それを楽しく解ける形に、加えて、低学年と高学年のハンデをどうつけるか、など、対策をとっていくつもりです。

決まり切った型にはまってなくてスミマセン。

気軽にのんびりお待ちくださいませ。

参加したら、きっといろいろな気づきがあると思いますよ。

平成30年8月開催予定 第3回小学生百人一首大会

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする