[六十一番歌]いにしへの 奈良の都の 八重桜、、、 ~百人一首かるた


いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな

詞花集 / 伊勢大輔(いせのたいふ)

 昔栄えた奈良の都の八重桜が、今日は京の都の宮中で色美しく咲いています

伊勢大輔(いせのたいふ)は、紫式部の少し後輩で、

この和歌が詠まれたときは、

宮中に出仕し始めたばかりの初々しい娘だったそうです。

ある日、京都の宮中に、旧都 奈良から献上品の八重桜が届けられました。

献上品を受け取るのは紫式部の役目だったのですが、

このときは伊勢大輔にその役を譲ったのですって。

奈良からの献上品が届けられた時に宮中を代表してお迎えに出ていたのが、

時の権力者 藤原道長(ふじわらのみちなが)。

藤原道長が伊勢大輔に、返礼の歌を詠むように命じました。

その時の歌が、この歌です。

古の都で、つややかに咲いていた八重桜が、

今日は京の都で美しく咲いている様子が鮮やかに詠まれ、

しかも、下の句の「けふ九重に」と、

旧都奈良の栄華(えいが)をしのびながらも、

今日の都の繁栄をたたえる気持ちが表現されています。

「いにしへ(古)」と「けふ(今日)」が対になり

「けふ」は、「今日」と「京」の掛詞(かけことば)

「京」は、「奈良」と対になり

「九重」は中国の王宮に「九重の門」があったことから「宮中(皇居)」を指し

「七(奈良)」

「八(八重)」

「九(九重)」

と数字を連続させて歌に動きを出しています。

ちょっと、すごすぎやしませんか?

藤原道長(すがわらのみちなが)に命令された伊勢大輔(いせのたいふ)が、

即興で詠んだ歌という解釈をする本もありますが、

私は、ちょっと違うかな、と思ったりもします。

紫式部から「あなた今回はお願いね」と言われて時点で、

返礼の歌を詠わなければならないということはわかるわけですから、

どんな歌を詠うか、私なら考えるなぁ、、と。

紫式部は、かねてから伊勢大輔の歌の才能のすごさを評価していて、

陽の目を見せてあげたいと機会を与えたんじゃないかな、と思うんですよね。

紫式部って、やさし~い!

実際のところ、どうだったんでしょう?

想像するって、楽しいですね。

こんな歌を詠める知性と教養を身に着けたいなぁ。。。☺

それはそうと、伊勢大輔はこの歌によって才能を認められ、

宮中の女官として出世したばかりか、

お仕えしていた中宮障子(ちゅうぐうしょうし)の従兄弟(いとこ)と結婚。

晩年には白河天皇の傳育(ふくい)の任にあたり(=白河天皇をお育て申し上げ)、

孫は神祇(じんぎ)伯(天皇直下の機構のひとつ)に出世。

孫の代まで栄華をつかんだのだそうです。

脱線はしますけれど、

こういう話を聞くと、

日本には男尊女卑なんてなかったんじゃないかな?と思ったりもしますね。


★かるた取りのポイント

「いに」と詠まれたら「けふ九重に」を取りましょう!

「けふ」は、「きょう」と読みますので、気をつけてね。


★参考文献

平成30年8月開催予定 第3回小学生百人一首大会
「青札一覧」(五色百人一首かるた)
青札にある20首の歌について、意味など知ってほしい事柄を書き綴っていきます。 書いたものから、順次リンクを張っていきますね。 ...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする