[英霊の言の葉]特攻で散華された若き軍曹の遺書


8月は、他の月にもまして、戦争で亡くなった方々に想いを馳せてしまいます。

彼らが命を懸けて守ってくださったおかげで、今の私たちの生活があるのですよね。

若尾達夫命 22歳

出撃の前夜

心はいつもと少しも変らぬ平静です。

自分の今の心境は、ただ必沈(ひっちん)あるのみです。

今米鬼(べいき)の攻撃を目の前に見て、士気愈々(いよいよ)旺盛なり。

最後の飛びたつ飛行場は九州の最南西端知覧飛行場です。

ここから600キロ飛んで沖縄に行き、敵艦上(てきかんじょう)に突っ込みます。

勿論帰路のガソリンはありません。

もし敵艦が見つからなかったならば、島でも、敵陣地でも敵の居るところに突っ込む覚悟であります。

達夫は、最後まで元気で御国のために喜んで散華(さんげ)していきます。

では、くれぐれもお体大切に、達夫の分まで永生きしてください。

身はたとへ 愛機と共に 砕くとも 魂永遠に 国ぞ護らん

若桜 春をも待たで 散りしゆく 嵐の中に 枝を離れて

ご両親様

『父上さま母上さま~桜を恋うる英霊の声』(神社新報社)より

英霊の言の葉
数日前、久しぶりに靖国神社に詣でました。 神社の境内に吹く風は、いつもとても清々しくて、心が洗われるのを感じます。 70...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする