一隅を照らす 


一隅を照らすもので

私はありたい

私のうけもつ一隅が

どんな小さい

みじめなはかないものであっても

わるびれず ひるまず

いつもほのかに照らしてゆきたい

(作:田中良雄)

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする