いまはとて 島果ての崖 踏みけりし をみなの足裏 思へばかなし(皇后陛下)


いまはとて 島果ての崖 踏みけりし をみなの足裏 思へばかなし

                                                                                              皇后陛下

終戦六十年目の平成17年(2005)6月、

両陛下は戦後初めてサイパン島に慰霊の旅をなさいました。

大東亜戦争中昭和19年(1944年)サイパン島が陥落した時に、

島の果ての断崖から「万歳!」と叫んで多くの在留日本人が身を投じました。

(バンザイクリフと呼ばれるようになりました)

その中には、幼子を抱いた女性もいたそうです。

皇后陛下は、その女性たちのことを思われて御歌をお詠みになられました。

サイパン タッポーチョで敵ながらあっぱれ!と言わしめた日本兵士の話
平成17年に、天皇皇后両陛下は、戦後初めてサイパンに慰霊に行かれました。その時詠まれた歌にまつわるお話と、 サイパンのタッポーチョで敗戦後も...

皇后陛下はとてもたくさんの素晴らしい御歌をお詠みになられておられます。

紹介しているページがありましたので、リンクを張っておきますね↓

現代を代表する歌詠み、皇后陛下。お立場上、杓子定規な堅苦しい短歌ばかりかと思いきや、意外にもバラエティーに富んでいます。スポーツ選手を讃えたものから、国際情勢を...


和歌の歴史は、かれこれ二千年。 五七五七七という僅か31文字の中に心を詠みこむ、 この表現形式が二千年間ず&