「花」は「桜」?


「花の色は移りにけりないたずらに わが身よにふるながめせしまに」

(小野小町 おののこまち)

知らない人がいないくらい有名なこの歌は、小倉百人一首に入っています。

五色百人一首なら、緑札のなかにありますね。

これは、女性が年をとって老いてしまったことを嘆く歌ですよ~、って聞いたこと、ありませんか?

「花はむなしく色あせてしまった。春の長雨がふっている間に。そして、私の容姿もむなしく色あせてしまったわ。いたずらに世を過ごして物思いをしている間に」

と。

え~っ、そんな意味ぃ?

と女性としては複雑な気持ちになったりします。

この解釈に異を唱えているのが、ここでも紹介している『ねずさんの 日本の心で読み解く百人一首』です。

彼は、絶世の才色兼備の美人小野小町が、そんな歌を詠むかなぁ。。詠んだとして、そのような意味だとしたら、それが古今集に収録される名歌なのだろうか。う~~~ん。。。

と。彼の解説は、ここでも紹介していますので、詳しくはそちらを見ていただけると有難いです。結論をいうと、彼は、「もう若くはないけど、まだつややかさを失っていないわ。散っていないわよ。まだまだ燃えるような恋がしたいわ」という反語的な意味があるのだろう、と。

ざっくり言うと、そんな感じ。

[九番歌] 花の色は 移りにけりな いたづらに、、には、意外な意味が?
花の色は 移りにけりな いたづらに         我が身世にふる ながめせしまに                      ...

で、

私は、はたと考えたのです。

ねずさんの話も、もっとものようで、そういうことなのかなぁ、、と。

そう解釈する根拠はなにかな?どこに書いてあるんだろう。

誰が言っているんだろう。と。

興味を持つと、調べたくなるのが、人の常ですよね。

この『ねずさんの 日本の心で読み解く百人一首』は、とても興味深い視点での解説で、わくわくしながら読み進められます。楽しいし、へぇ~~っ!がいっぱい詰まっている。

残念なのは、出典や参考資料についての記載がないこと。追いかけられないんです(悲)

『新潮日本古典集成 古今和歌集』の解説を紐解こう

そこで、初心者の私にも理解できるような、できれば昔の人が書いた解説書、なにかいいのないかなぁ、、と、何気に探していました。

出会ったのが、これ。

新潮日本古典集成 古今和歌集』(奥村恆哉 校注 /新潮社)

この本では、江戸時代に刊行された北村季吟(きたむらきぎん)『八代集抄』の『古今集』を底本としているそうです。

さて、小野小町のこの和歌は、「古今和歌集」の「春歌下」に載っています。

奥村氏の解説によりますと、

もしこの歌が、容姿の比喩と解するなら、「雑歌」の部にあるべき内容であるし、この説には根拠がないので、言葉通りに理解するべきだ、そうです。

(意味)
花の色は衰えて、色あせてしまった。春の長雨が降り続き、私は世を過ごすための空しい(むなしい)心づかいにかまけて、花をみる余裕もなかった、そのあいだに。

「世にふるながめ」は、掛詞(かけことば)。
ふる→「経る」と「降る」
ながめ→「詠め(ながめ)」と「長雨」

つれづれなる春の夕暮れの、長雨に降りこめられた憂愁が詠いあげられています。

「言葉通りに理解すべき」

『萬葉集』には、萬葉集の特徴が、『古今集』には、古今集の特徴があるのだそうです。

万葉集には、俗語や日常語を大切にして、自分の気持ちを詠うような句が収められているのに対し、古今集は、表現が明晰であることが求めたらしいです。

「冗語(じょうご)を排し、誤解を許さない、それが『古今集』詞書の文体なのである」

歌の素材選択においても、より明晰であろうとする志向は顕著で、諸作品みな、輪郭がはっきりした対象以外、つかもうとしない。「余情妖艶の体」は、誰も詠まなかったのである。たとえ詠んだとしても、それが『古今集』二十巻のうちに採られることはなかった。(p398)

『古今集』が編まれた時代の律令制社会、秩序を、そのままに。

『古今集』は紀貫之(きのつらゆき)の一貫した思想に支えられているそうです。

紀貫之にとって価値があったのは、人間と自然のあるべきありようだけ。私的抒情の割り込む余地はない。編纂方針にも、歌の配列にも、素材の取り方にも、それがはっきりとあらわれているのですって。

歌の配列には、『萬葉集』と異なって、四季の部は季節の推移に従い、恋の部は恋愛の展開に従い、順序正しく、機械的ともいえるほど正確に配列されている。

この世のあり様、人間のあり様を、自然の鼓動、人の呼吸に沿って写し取ろうとしている。

取り上げられた同一の素材、桜なら桜、月なら月は、一群にまとめておかれ、この配列基準は厳格だそうです。

作者名の記し方にも法則があり、

同一の巻で初めて出る時は氏名を記し、再度出る時は名のみ。そして、当の作者が四位以上であれば、氏名の下に「朝臣(あそん)」をつけて区別したそうです。

『古今集』の時代、「花」はまだ「桜」を指したわけではなかった

また、

「花」というとそれは桜のことを指していると私たちは思っていますけれど、『古今集』では、まだ、その観念はないということです。

歌の中に「桜」という語のない作では、必ず詞書で「桜」と断っている。

だから、全て歌の中に示されていないときは、詞書でしっかり断ってあって、例外はない。

これについて、近世の古典研究に大きな足跡を残した契沖(けいちゅう)は、『古今余材抄』という注釈書で、例を引いて分析を行っています。

「詞書にも桜と言わず、歌にもただ花とのみよみたれば、よろづの花をよめり」

ということです。

小野小町の詠った「花の色は移りにけりないたずらに わが身よにふるながめせしまに」には、詞書がついていないようです。

なので、「花」は、桜の花、というわけではなく、どの花のことかは特にわからないっていうことですね。

『古今集』の編纂方針からすると、隠された意味はないのではないかな?

一定の厳格なルールに基づいて、歌が選ばれ、配置されているのが、『古今集』だとすると、「春歌下」のセクションにあるということは、素直に季節を詠った歌、と受け取るべきなのですね。

この歌、どうも

女心は、関係なさそうなようです。。。