古今集の仮名序は、ため息が出るほど美しい文章ですよね


『古今集』は、延喜五年(905)四月十八日に、醍醐(だいご)天皇の英断によって歌集撰進の命が下り、紀友則(きのとものり)、紀貫之(きのつらゆき)、凡河内躬恒(おおしこうち の みつね)、壬生忠岑(みぶのただみね)の4人が撰者を拝命して編纂にあたりました。

冒頭にある仮名序は、選者の一人、紀貫之が、和歌の本質、期限、技法、歴史、そして『古今集』編纂の経緯などについて論述したものです。

古典文学における序文の規範になったのみならず、評論文学の先駆としても大きな意味を持っています。

ここでは、最初の部分を味わってみましょう。

すらすら言えるように覚えてしまうのも、お薦めです。

自分が書く文章も、それとなく格調高いような表現に知らず知らずのうちになっていくかもしれませんよ。

仮名序

やまと歌は
人の心を種として
よろづの言の葉とぞなれりける

和歌は、いわば人間の心を種として生い茂った とりどりの言語の葉だといえよう

世の中にある人
ことわざ繁(しげ)きものなれば
心に思ふことを
見るもの聞くものにつけて
言ひ出(い)だせるなり

この現世に生きている人間は、様々な出来事にかかわるものなので、

その折々の心情をみるもの聞くものにつけ表現するものである

花に鳴く鶯(うぐひす)
水に住む蛙(かはづ)の声を聞けば
生きとし生けるもの
いづれか歌をよまざりける

花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、ありとあらゆる生き物のうち

何か歌を詠まないものがあるだろうか

※鶯(うぐいす)は春、蛙(かわず、今の河鹿[かじか←カジカガエル])は秋。

四季の代表として春と秋を取り上げています

力をも入れずして 天地(あめつち)を動かし
目に見えぬ鬼神(おにがみ)をも あはれと思はせ
男女(おとこおんな)のなかをも やはらげ
猛き もののふの心をも 慰(なぐさ)むるは歌なり

力も入れずに天神地祇(てんしんちぎ。天や地を守る神々のこと)を動かし、

目に見えないもろもろの精霊たちをも 感慨にふけらせ

男女の仲もやわらげ、

勇猛な武人の心をも慰めるのは歌である


参考)『古今和歌集』(新潮日本古典集成)

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする