[海軍さんの歴史教科書]2.皇威の発展


2.皇威の発展

(1)内治の振興

皇大神宮

神武天皇の御即位以来、歴代天皇の御聖徳により皇威はいよいよ伸張したが、第十代 崇神天皇(すじんてんのう)の御代以後はその発展が特に顕著となった。

三種の神器は 天照大神が瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)にお授けになって以来、御歴代の天皇はこれを宮中に奉安し、とくに神鏡は大神の御霊代(みたましろ)として親しくこれを祭り給うていたが、崇神天皇はこれを 畏(おそ)れ多く思し召して、御鏡を御剣とともに大和の笠縫邑(かさねひのむら)に奉遷し、宮中には新たに御鏡・御剣を模造して御璽とともに奉安し給うた。

次いで、第11代 垂仁天皇(すいにんてんのう)の御代になって、更に笠縫邑(かさねひのむら)より伊勢の五十鈴川(いすずがわ)のほとりに遷し奉られた。即ち 今の皇大神宮であって、内宮(ないぐう)と申し上げる。

皇威伸張と産業の奨励

天皇は更に皇化あまねく国内にお布きになろうとして、まだ皇威の及ばない地方に四道将軍を派遣せられ、地方人民の強化に當(あた)らしめられた。

また 天皇は深く大御心を国民の生業に注がせられ、池溝を掘って農事を奨励せられた。

かくて皇化は遠隔の地に及び、国内の産業もまた大いに起こったので、天皇は男に弓弭調(ゆはずのみつぎ)、女に手末調(たなすえのみつぎ)を獻(たてまつ)らしめ、ますます国力の充実を御圖(はか)りになった。

天皇はまた 船の効用を教えて大いに船を造らしめ、海国日本発展の基礎を定め給うた。このようにして皇威は遂に半島にまで及ぶようになり、御治蹟が大いに挙がったので、天皇を神武天皇と御供に 御肇國天皇(はつくにしらすすめらみこと)と申し上げる。

国内の平定

次いで垂仁天皇(すいにんてんのう)も鋭意内治の振興に努めさせられ、武備の充実にも大御心を注がせられたが、第12代 景行天皇(けいこうてんのう)の御代になり皇威は更に伸張した。

天皇は九州の熊襲(くまそ)の反乱を御親征遊ばされたが、次いで皇子日本武尊(やまとたけるのみこと)に命じて これを討たしめられ、更に東北地方の蝦夷(えぞ)に向かはしめられた。尊(みこと)は伊勢から駿河(するが)・相模(さがみ)を経て 上総(かずさ)に赴(おもむ)かれ、途中幾多の御苦難を経て遂に日高見國(ひたかみのくに)に入り、その地の蝦夷を平定せられた。

帰路は甲斐(かい)から信濃(しなの)を経て尾張に帰られ、なおも付近を平定せられたが、遂に病を得て伊勢に薨(こう)ぜられた。

天皇は後、尊(みこと)の平定せられた地方を親しく御巡幸遊ばされて、尊の御事蹟を偲(しの)び給い、また多くの皇子を諸国に遣わして地方の開発を(はか)らしめたもうた。

注)薨(こう)ずる、薨(みまか)る –身分の高いものが死ぬこと

内政の整備

かくて皇威の伸張に伴い内政の整備が必要となり第13代成務天皇(せいむてんのう)は山河の形勢に応じて国・懸・村を分かち、それぞれ国造・懸主・稲置(いなぎ?)等?を置いて地方行政に當(あた)らしめた。

ここにおいて皇威はますます輝き、国力もまた大いに充実し、後に半島諸国が我が国に帰属し、国威が大いに海外に発展する基礎が固められることとなったのである。

四道将軍の御派遣

群卿に詔して曰く、民を導くの本は 教化(おしえおもむくる)に在り。今既に神祗を禮(いやま)いて灾言(わざわい)皆耕(つ)きぬ。然るに遠荒人等(とおきくにのひとども) 猶正朔(のり)を受けず。是未だ 王化(きみのおもむけ)に習わざるのみ。其れ群卿を選びて、四方(よも)に遣わして朕が意を知らしめよ。(中略)

大彦命を以て北陸に遣わし、武渟川別命を東海に遣わし、吉備津彦命を西道に遣わし、丹波道主命を丹波に遣わしたまふ。

因りて以て詔して曰く、若し教を受けざる者あらば、乃ち兵を挙げて之を伐て。既にして共に印綬(しるし)を授けて将軍と為(し)たまふ。

「日本書紀」

開運の御奨励

船は天下の要用(むねつもの)なり。今海邊(わだのほとり)の民(おおむたから)、船無きに由りてもって甚(にへさ)に歩運(かちはこび)に苦しむ。其れ諸国(くにぐに)に命(のりご)ちて船舶(ふね)を造らしめよ。

 「日本書紀」

(2)氏族制度とその精神

氏族制度の組織

上代における我が国の社会組織は、皇室を中心とし奉る大小多数の氏族によって構成せられていたので、これを氏族制度と呼ぶ。氏族とは同一の祖先から出て、同じ職務に服する團體(だんたい)であって、各氏族には氏上(うじのかみ)があり、その同族である氏人(うじびと)と氏族に属する部民(ぶみん)とを統率して皇室に奉仕し、皇室はこれら諸氏族を統括あらせられていた。

氏族はその出身によって分けられ、皇族の御近親は皇別、皇孫降臨の時から随(したが)い奉った諸神の子孫は神別(しんべつ)、海外との交渉が開けてから帰化した部族は蕃別(はんべつ)と稱(しょう)せられた。

姓(かばね)の制度

氏族はまた公(きみ)・別(わけ)・臣(おみ)・連(むらじ)・国造(くにのみやっこ)・懸主(あがたぬし)・稲置(いなぎ)等の姓(かばね)を称した。

これは身分の上下を示すもので、公(きみ)・別(わけ)・臣(おみ)は皇別の諸氏に、連は神別の諸氏にそれぞれ朝廷から賜り、朝廷に大臣(おおおみ)・大連(おおむらじ)が置かれてからは、大臣は臣姓から、大連は連姓から出て ともに国政に参与した。

国造(くにのみやっこ)・懸主(あがたぬし)・稲置(いなぎ)等ははじめ官職であったものが、世襲せられる間に姓となったものである。

氏族制度と国家組織

このように氏族は おのおの世襲の職務を以て 皇室へ仕えまつった。即ち中央の氏族はそれぞれ朝廷の政務や特殊の業務に従事した。例えば 中臣・齋部の二氏は祭祀を司どり政治を輔(たす)け、大伴・物部の二氏は軍事を司どり朝廷を守るなどがその例である。

また、国造(くにのみやっこ)・懸主(あがたぬし)・稲置(いなぎ)等は それぞれ地方にあって行政に當り、もって国家の政治組織を構成していた。

国民道徳の淵源

各氏族は またそれぞれの氏神を通じて、氏族内の団結を固くするとともに 皇室に対し奉り固く結ばれていた。氏神は国家に功労のあった氏族の祖先であることを普通とし、皇室との関係は極めて密接であった。

されば各氏族は その氏神の祭祀を通じて常に同族であるという自覚を高め、ますます職務に励んで祖先の名を汚さないことを願うとともに、全氏族の宗家(そうけ)であらせられる皇室に仕えまつって、いよいよ忠君愛国の赤誠をいたすことを誓った。

ここに世界に類例のない忠孝一致という我が国民道徳の遠い源(みなもと)が見られる。

氏族制度的精神

随(したが)って我が上代の国民は、肇国(ちょうこく)以来の君臣の大義に基づき、君国のためには一身を捨てて顧みない忠誠勇武の精神に富み、また一族の名誉を重んじ、一身を犠牲とするを惜しまぬ気風が極めて強固であった。

而してこれらの氏族制度的精神は、永く国民精神の伝統となって国民生活の内に伝えられていったのである。

氏族制度的精神の発露

大伴の 遠つ神祖(かみおや)の その名をば 大来目主(おおくめぬし)と 負い持ちて 仕へし官(つかさ)海行かば 水漬く屍(みづくかばね) 山行かば 草生(くさむ)す屍(かばね) 大皇(おおきみ)の 邊(へ)にこそ死なめ 顧(かえり)みは 為(せ)じと言立(ことた)て 丈夫(ますらお)の 清き彼(そ)の名を 古(いにしえ)よ 今の現(をつつ?)に 流さへる 祖(おや)の子等(こども)ぞ 大伴と 佐伯(さえき)の氏は 人の祖の 立つる言立(ことだて) 人の子は 祖の名絶たず 大君に 奉仕(まつら)うものと言い継げる 言の職(つかさ)ぞ 梓弓(あづまゆみ) 手に取り持ちて 剣大刀 腰に取り佩(は)き 朝守り 夕の守りに 大王(おおきみ)の 御門(みかど)の守護(まもり) 我をおきて また人はあらじと 彌立(いやた)て 思いし増(まさ)る 大皇(おおきみ)の 御言の幸(さき)の 聞けば貴(たっと)み

「萬葉集」大伴家持

打ち込み人注)太字は打ち込み人が独自に行いました。

(3)国勢の海外発展と半島諸国の帰服

大陸発展の基礎

神武天皇から成務天皇までのおよそ850年の間に、皇威は国内遠隔の地方にまで及んだが、第14代仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の頃から国威は更に半島にも輝き、我が八紘為宇の大理想に基づく大陸発展の基礎が定められることとなった。

海国日本と海外発展

水軍もまたこれに応じて、神武天皇以来著しく発達を遂げていった。神武天皇の御東征が舟師(ふないくさ)を以て行われたことは、天皇の宣布(せんぷ)し給うた八紘為宇(はっこういちう)の大理想とともに、海国日本の将来に深い暗示を与えるものであった。

爾来 我が水軍は 天皇御親率の下に、主として邊海(へんかい)の氏族がこれを司どり、その活動は次第に近海の制海権を確保して、皇威の伸張と国勢の海外発展に大いに貢献するところがあった。

朝鮮半島の情勢

朝鮮半島は 古来概(おおむ)ね 漢江(かんこう)によって南北にわかれ、北部は支那に服属してたが、南部は 馬韓(ばかん)・弁韓(べんかん)・辰韓(しんかん)の諸国に分かれ、既に神代から 我が国との間に平和な交渉が続けられていた。

ところがその後、満州に興った高句麗(こうくり)が朝鮮北部を占有し、辰韓の地に新羅(しらぎ)、馬韓の地に百済(くだら)が起こって半島を三分した。

この時弁韓の地に任那(みまな)が起こったが、国力微弱のため常に新羅に攻められ、我が崇神天皇(すじんてんのう)の御代、遂に救いを我が国に請うに至った。

天皇は直ちに盬乗津彦命(しほのりつひこのみこと)を遣わしてこれを救い給い後、ここに日本府が置かれて、任那は我が半島経営の中心となった。

これは 我が国が半島に築いた大陸発展の最初の地歩である。

  

半島諸国の帰服(きふく)

ところが 仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)が熊襲の反乱を御親征の途中九州で崩御あそばされるに及んで、神功皇后(じんぐうこうごう)は熊襲の背後に 新羅の援助のあることをお察しになり、雄々しくも 新羅遠征の御事を決行し給うた。

この御遠征は實に我が肇国以来の八紘為宇の大精神が、国力の充実と近海海上権の掌握に伴い、このような雄大な御壮挙となって、遠く大陸に発揚せられることとなったものに外ならない。

皇后は御親ら舟師(ふないくさ)を率いて 對馬(つしま)を発し、順風に乗って新羅に向かはせられた。新羅は この御威光の前には敵する術もなく戦わずして降伏し、年毎(としごと)の朝貢を誓い奉った。

次いで 百済・高句麗もこれに従い、熊襲の反乱も また自(おの)ずから鎮定した。

半島帰服の影響

これから長く我が国は四周の制海権を確保して国威を大いに発揚するとともに、盛に大陸の文物を輸入し、その結果 国内の文化は向上し、産業もまた著しく発達して 国運はますます隆盛に赴いた。これは 明らかに制海権掌握による海外発展の賜(たまもの)に外ならない。

浮寶(うきたから)の製作

素戔嗚尊(スサノオノミコト)の曰く、韓郷(からくに)の島は これ金銀あり。若(たとえ)使 吾が 御(しら)する国に浮實(うきたから)あらずば、未是佳也(よからじ)とのたまひて、(中略)

乃(すなわ)ち 稱(ことあげ)して曰く、杉及び櫲樟(くす)、此の両樹は以て浮寶(うきたから)と為すべし

「日本書紀」一書

注)浮實(うきたから)– 舟のこと

打ち込み人注)この一節について、解説しているサイトがありました。よかったらどうぞ。

木になる話↓

新羅の帰服

船師(ふないくさ) 海に満ちて、旌旗(みはた)日に輝き、鼓(つづみ)吹(ふえ) 声を起こして山川悉(ことごと)に振ふ。新羅王 遥に望みて以為(おも)えらく、(中略)

吾れ聞く、東に神国有り、日本と謂う。亦 聖王有り、天皇と謂う。必ず其の国の神兵ならん。豈(あに)兵を挙げて以て拒(ふせ)ぐべけむやといひて、即ち素旆(しろきはた)あげて自ら服(まつろ)ひぬ。

「日本書紀」


『練習兵用 歴史教科書』(海軍省教育局 昭和19年5月)より

目次↓

[海軍さんの歴史教科書] 目次
海軍教育局の練習兵用の歴史教科書を見つけました。 200ページ程の内容。簡潔にわかりやすく、物語のように書かれてあります。 ...


~ Column ~
感想
「海いかば~ 」は、大伴家持の言葉だったのね

第二国歌と言われている「うみいかば~」の歌詞は、この大伴家持の言葉だったんですよね。

大伴家持は、今でいうと幕僚長のような軍隊の統率者だったという話を聞いたことがあるよう記憶しているのですが、、(ほんとかどうか、正確かちょっと不安ですが、、)

戦没者の鎮魂のために詠われた歌だそうです。

家持は、「萬葉集」の編纂をしていますが、「万葉集」には国を守る防人の歌が沢山収録されています。防人の歌は、後の世の人々の支えになったといわれています。

日本海海戦111周年洋上追悼式等、今でも広く演奏されています。

海ゆかば↓

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする