ご先祖様を遡っていくと、、、~1/14小学生百人一首大会参加受付中♪


「命のバトン」って聞いたことありますか?

自分がここにいるのは、パパとママがいたから。

パパとママには、それぞれパパとママがいる。

君からみるとおじいちゃん、おばあちゃんだね。

おじいちゃん、おばあちゃんにも、パパママがいて、、、

とずぅ~~~っと遡っていく。

上の絵は、一般財団法人日本再生機構が発行している

『日本がもっと好きになる~誇りある日本の歴史を学ぼう~』

という冊子の中にある絵をお借りしてます。

このイラストは、とても分かりやすいですよね。

自分が生まれてくるまでに、いったい何人の人と繋がっているのだろう。

そのうちの一人でもかけていたら、自分はここにいないなんて、ミラクルなお話ですよね。

「自分のご先祖様を遡っていくと、天皇につながるんだよ。」

「天皇の御先祖様は神様だから、日本人は神の子なんだ。」

以前、こんな話を聞いたことがあって、

その時は、

確かに話を辿っていくと、そういうことになるのだろうけど

なんだか荒唐無稽な話だなぁ、、と、

あまり実感が伴わなかったんですけど、

今、海軍の練習兵用の歴史教科書を打ち込んでいるのですが、

平家と源氏の辺りを読んでいて、

あれっ?

と。

[海軍さんの歴史教科書]4.武士の勃興と元寇の撃攘 ~1/14小学生百人一首大会 参加受付中♪
前の項目「3.国運の隆昌と東亜の情勢」では、奈良時代から平安時代、国の力がついて、今の私たちが見てもびっくりするくらい民主的で公の精...

わたくしの事で恐縮なのですが、

私の祖母のご先祖様を遡ると源氏の系統になるらしい、ということが、

少し前調べたときにわかったのですが、

この教科書を打ち込んでいたら、意外なことがわかったんです。

平氏は、桓武天皇(かんむてんのう)の曾孫 高望(たかもち)王から出ていて、

源氏は、清和天皇の孫 経基(つねもと)王から出ている、という記述があるのです。

平氏も源氏も、天皇の系譜だったのか!

ふむふむ。

と。

ここで、

あれっ?

と。

源氏は天皇の系譜?

ということは、

私のご先祖様を遡ると、清和天皇にたどり着くってこと?

そんな、アホな(@_@)

ただの妄想に過ぎませんが、そういう風に考えられちゃうのって、すごいですよね。

あながち嘘じゃないのかも、、、

と楽しい妄想を膨らましたりするのでした(#^^#)

みなさんも、自分のご先祖様を辿ってみてはいかがでしょうか?

面白い発見ができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする