[四十番歌]忍ぶれど色に出でにけり和が恋は、、は歌合せで披露された歌ですって


忍ぶれど色に出でにけり和が恋は ものや思ふと人の問ふまで

平兼盛(たいらのかねもり)/拾遺集

誰にも知られまいと心に秘めて隠してきましたが、私の恋心は顔色に出てしまいました。想い悩んでいるのかと人から尋ねられるほどに。

第58代光孝天皇(884-)の皇子の曾孫。三十六歌仙の一人です。

この歌は、歌合せという競技で歌われた歌です。

第62代村上天皇の御代、天徳4年(960年)に天徳内裏歌合(てんとくだいりうたあわせ)という会が催されました。

「恋」という課題で詠まれたのが、この歌と、四十二番歌にある壬生忠見の「恋すてふ我が名ははまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか」の二首でした。

軍配が上がったのがこちらの平兼盛の歌です。

千年以上も前の殿方が恋焦がれる様子が、今を生きる私たちの感情と何ら変わりないって、なんだかとっても不思議な気持ちがしますね。

恋すてふ、、↓

[四十一番歌]恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり、、
恋すてふ 我が名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか 壬生忠見(みぶのただみ) / 拾遺集 恋をしているという私の噂が早...

緑札一覧↓

「緑札」一覧(五色百人一首)
緑札一覧です。 ※できたところから書き加えていきますね。 八番歌 わが庵(いほ)は都のたつみ しかぞ住む ...

第4回小学生百人一首大会
平成31年1月14日に「ことふみ郡山 第4回小学生百人一首大会」 無事終了しました。 結果発表↓ 参加した小学生の...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする