「黄札」一覧(五色百人一首かるた)


五色百人一首かるた「黄札」一覧です

二番歌

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

百人一首かるた 一番歌~三番歌 に込められた意味は、、
小倉百人一首は、いつ編纂されたの? 小倉百人一首は、 平安末期から、鎌倉時代初期にかけて活躍したお公家さんの天才歌人、 藤...

七番歌

天の原ふりさけみれば春日なる 三笠の山に出でし月かも

[七番歌]天の原 ふりさけ見れば、、は、どういう状況で詠まれた歌でしょう
 天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも 安倍仲麿(あべのなかまろ) この歌は、遣唐使として唐に渡っ...

十番歌

これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬも逢坂の関

[十番歌] これやこの 行くも帰るも、、
これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも あふ坂の関 蝉丸 盲目で琵琶の名手であったと言われている隠者 蝉丸のこの歌...

十八番歌

住の江の岸による波寄るさへや 夢の通ひ路人目よくらむ

[十八番歌]住之江の 岸に寄る波 よるさへや
住之江の 岸に寄る波 夜さえや 夢の通ひ路 人目よくらむ (藤原敏行朝臣) 住之江は、今の大阪、住之江区。住吉神社があります。 ...

三十二番歌

山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり

三十三番歌

久方の光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ

三十七番歌

白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける

三十九番歌

浅茅生(あさぢふ)の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき

四十六番歌

由良の門をわたる舟人かぢを絶え ゆくへも知らぬ恋の道かな

四十七番歌

八重むぐらしげれる宿の寂しきに 人こそ見えぬ秋は来にけり

五十五番歌

滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ

六十番歌

大江山いく野の道の遠ければ まだふみもみず天の橋立

七十八番歌

淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守

七十九番歌

秋風にたなびく雲の絶え間より もれ出づる月の影のさやけさ

八十一番歌

ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる

八十五番歌

夜もすがらもの思ふころは明けやらで ねやの隙(ひま)さへつれんかりけり

八十七番歌

村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮れ

八十九番歌

玉の緒よ絶えなば絶えね永らへば 忍ぶることの弱りもぞする

九十四番歌

み吉野の山の秋風さ夜更けて ふるさと寒く衣うつなり

九十六番歌

花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものは我が身なりけり


青札(百人一首かるた)

「青札一覧」(五色百人一首かるた)
青札にある20首の歌について、意味など知ってほしい事柄を書き綴っていきます。 書いたものから、順次リンクを張っていきますね。 ...

緑札(百人一首かるた)

五色百人一首かるた「緑札一覧」です。 意味等については、それぞれの和歌からのリンクでご覧いただけます。 &nb…

桃札(百人一首かるた)

「桃札」一覧(五色百人一首かるた)
五色百人一首かるたの「桃札」20首一覧 五色百人一首かるたの「桃札」どんな意味が込められた歌が入っているのでしょう。 それぞれの和歌...

橙札(百人一首かるた)

「橙札」一覧 (五色百人一首かるた)
五色百人一首かるたの「橙札」20首一覧 小学生が、小学校で少しの時間で飽きずに百人一首を楽しめるようにと学校の先生が開発したという五色...

百人一首を読み解こう

小倉百人一首を読み解こう
せっかく百人一首大会を開くのですから、それぞれの歌が詠まれた時代背景や世相、隠された真意等について考えてみましょう。 ここでは...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11