今日3月14日は、五ヶ条の御誓文が発布された日ですって♪


3月14日は、

明治天皇が五カ条の御誓文を発布された日です。

五カ条の御誓文は、明治天皇が明治元年3月14日に、
天地の神々にお誓いする、という形をとってお示しになられた、
明治政府の基本方針です。

江戸時代の終わりころ、欧米列強のアジア侵略は勢いを増していて、

清ではアヘン戦争が起こり、日本にもペリーが来航したりと、

安全が脅かされる事態が発生していました。

日本は、なんとしてでも国を守らなければならない、と、

混乱を経て明治政府をつくりました。

明治天皇は、いまだかつてない大変革を行うのにあたって、

天地の神々や祖先に誓い、

重大な決意のもとに国政に関するこの基本方針を定め、

国民の生活を安定させる大道を確立しようとし、

国民に呼びかけ、みんなの心を一つにして改革を成し遂げようと呼びかけられたのです。

スポンサーリンク
simplicity11

「五箇条の御誓文」

一、廣(ひろ)ク會議(かいぎ)ヲ興(おこ)シ萬機(ばんき)公論(こうろん)ニ決(けっ)スヘシ
一、上下(しょうか)心(こころ)ヲ一(いつ)ニシテ盛(さかん)ニ經綸(けいりん)ヲ行(おこな)フヘシ
一、官(かん)武(ぶ)一途(いっと)庶民(しょみん)ニ至(いた)ル迄(まで)各(おのおの)其(その)志(こころざし)ヲ遂(と)ケ
人心(じんしん)ヲシテ倦(う)マサラシメン事(こと)ヲ要(よう)ス
一、舊來(きゅうらい)ノ陋習(ろうしゅう)ヲ破(やぶ)リ天地(てんち)ノ公道(こうどう)ニ基(もとづ)クヘシ
一、智識(ちしき)ヲ世界(せかい)ニ求(もと)メ、大(おほい)ニ皇基(こうき)ヲ振起(しんき)スヘシ
我(わ)が国(くに)未曾有(みぞう)の変革(へんかく)を為(なさ)んとし、朕(ちん)、躬(み)を以(もっ)て衆(しゅう)に先(さき)んじ天地(てんち)神明(しんめい)に誓(ちか)い、大(おおい)にこの国是(こくぜ)を定(さだ)め、万民(ばんみん)保全(ほぜん)の道(みち)を立(たて)んとす。衆(しゅう)またこの旨(し)趣(しゅ)に基(もとづ)き協(きょう)心(しん)努力(どりょく)せよ。
年号月日 御諱

現代語訳

一、 広く人材を求めて会議を開き議論を開き議論を行い、
大切なことはすべて公正な意見によって決めましょう。
二、 身分の上下を問わず、心を一にして積極的に国を治め整えましょう。
三、 文官や武官は言うまでもなく、一般の国民も、
それぞれ自分の職責を果たし、
各自の志すところを達成できるように、
人々に希望を失わせないことが肝要です。
四、 これまでの悪い習慣を打ち捨てて、
何事も普遍的な道理に基づいて行いましょう。
五、 知識を世界に求めて
天皇を中心とする麗しい国柄や伝統を大切にして、
大いに国を発展させましょう。
これより、我が国はいまだかつてない大変革を行おうとするにあたり、
私は自ら天地の神々や祖先に誓い、
重大な決意のもとに国政に関するこの基本方針を定め、
国民の生活を安定させる大道を確立しようとしているところです。
皆さんもこの趣旨に基づいて心を合わせて努力してください。


第1条の「広く会議をおこし、万機公論に決すべし」は、

とても有名ですよね。

物事を決める時は、話し合ってみんなで決めましょう。

ということですね。

あれっ?

これって、、

民主主義みたい。。

そういえば、天照大神様が天の岩戸に閉じこもってしまって、

世の中が真っ暗闇になり、

何とかアマテラスオオミカミに 外に出てもらおうと、

岩戸の外で神様たちが、

どうしたら外に出てもらえるか喧々諤々話し合ってますよね。

あれも、民主主義みたい。。

もしかして、

日本って、神話の昔から民主主義が根付いていたのかな?

なんて、思っても不思議ではありませんね。

それから、

五カ条の御誓文は

敗戦直後の昭和21年元旦に、昭和天皇がお示しになられた

新日本建設ニ関スル詔書(しょうしょ)」の最初に触れられています。

五カ条の御誓文を改めて日本国民に示されて、

変わらぬ君民の絆をお訴えになられ、国民を元気づけ新しい国づくりを一緒にしていこうと呼びかけられたのです。

最初の部分をご紹介します。

新日本建設ニ関スル詔書(しょうしょ)

茲ニ新年ヲ迎フ。
顧ミレバ明治天皇明治ノ初國是トシテ五箇條ノ御誓文ヲ下シ給ヘリ。
曰ク、
一、廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スヘシ
一、上下心ヲ一ニシテ盛ニ經綸ヲ行フヘシ
一、官武一途庶民ニ至ル迄各其ノ志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメンコトヲ要ス
一、舊來ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ
一、智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ
叡旨公明正大、又何ヲカ加ヘン。
朕ハ茲ニ誓ヲ新ニシテ國運ヲ開カント欲ス。
須ラク此ノ御趣旨ニ則リ、
舊來ノ陋習ヲ去リ、
民意ヲ暢達シ、
官民擧ゲテ平和主義ニ徹シ、
敎養豐カニ文化ヲ築キ、
以テ民生ノ向上ヲ圖リ、新日本ヲ建設スベシ。


五カ条の御誓文は、日本の国の礎なのだと思います。

昭和天皇が、占領後初めての元旦に国民に向けて発せられた詔書には、

国民と共に難局を乗り切っていこう、という強固なリーダーシップと

昭和天皇の国民に対する深い愛情が込められているのではないでしょうか。

新日本建国に関する詔書↓

新年にあたり、昭和天皇の「新日本の建設に関する詔書」を読んでみませんか?
新しい年 平成31年が幕を明けます。 先日12月23日の天皇誕生日(天長節)では、 天皇陛下からお言葉を賜り涙が流れて仕...

3月14日は、ホワイトデーも楽しみながら、

五カ条の御誓文にも 気持ちを馳せてみたいものですね。

五箇條の御誓文には、何が書いてあるの?[#16]
五箇條の御誓文には、どんなことが書いてあるの? というお話です。 五箇条の御誓文は、明治元年に明治天皇が、天地の神々...