一二の目 のみにはあらず、、、『万葉集』には楽しい歌もいっぱい♪


一二(いちに)の目 のみにはあらず

五六三(ごろくさん)

四(し)さへありけり 双六の采(さえ)

万葉集 長意吉麿(ながのおきまろ)

この歌、みたとき、目が点になりました☺

なんてユニークで楽しい歌なの?

すっごい!!

って感じ。

サイコロの目が6個ある、って、ただそれだけの歌よね。

なに?この奥行きの深さ!!

昔の日本は、「ひ、ふ、み、よ、いつ、む、、」と数を数えていました。

それが、どうして、「いちに、、」なのぉ?

と不思議におもったら、

中西進先生の本にありました。。

「いち、に」という数え方は、中国の言葉だったんですって。

つまり、この歌は、数の部分は外来語をつかっているのね。

おしゃれ♪

作者の長意吉麿(ながのおきまろ)が生きた時代は、

持統天皇の御代だそう。

万葉の時代の人たちは、サイコロが大好きで、

奈良時代には2回も双六禁止令が出たんですって!

長意吉麿(ながのおきまろ)の歌にこんな歌もあります。

大宮(おみや)の 内(ち)まで聞こゆ 網引(びき)すと
網子(ご)調ふる 海人(ま)の呼び声

声を出して読むと、心地いいですよね。

キット、ユーモアのある人だったんでしょうね。

ちなみに、この歌の意味は、↓

御殿の中まで聞こえてくるよ。 しかけておいた網を引き上げようとして
仲間をそろえている、 漁師の掛け声が。

です。

万葉集って、奥が深くって親しみやすくて、面白いね。

心にとめておきたい”和歌”の数々※ko
和歌の歴史は、かれこれ二千年。 ”五七五七七”という僅か31文字の中に心を詠みこむ、 この表現形式が二千年間ずぅ~っと続いているなん...


郡山市こどもまつり(令和元年)
令和元年(2019)5月5日に開催される 「郡山市こどもまつり」に、 ことふみ郡山は 今年も参加することになりました。 ...

チームことふみ(大人)募集

チームことふみ(学生)募集

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11