[海軍さんの歴史教科書]5.建武中興と勤皇精神


前の第4章「武士の勃興と元寇の撃攘」までは、桓武天皇の平安奠都以来国が安定し産業も栄え、独自の文化も花開いた後、藤原氏が台頭してきて国が乱れ、国防を疎かにしていたこともあり、外寇の危機を招くに至ったことについて学びました。

平安末期に武士が台頭、源平二氏が対立、平氏が滅び、鎌倉幕府が開かれます。武士道の精神も、この時代に現れ武士最高の道徳として発達しました。

二度の蒙古軍の襲来、元寇という未曾有の国難に、亀山上皇は祈り、執権北条時宗は身を捨てて難局に対峙し、国民心を一つに戦い、神の助けである神風が吹いて蒙古軍を打ち破ることができました。

これを機に、日本は神國であるという認識が人々の心に沸き上がっていったそうです。

さて、ここからは、建武中興についてです。

建武中興(けんむちゅうこう)がなんなのか、私にはわからないので、どんなことが書いてあるのか、楽しみです。

スポンサーリンク
simplicity11

5.建武中興と勤皇精神

(1)中興(ちゅうこう)の聖業(せいぎょう)

武家政治と皇政復古

源頼朝の鎌倉幕府開設以来の武家政治は、平安末期の社会の混乱を武力をもって鎮め、國内に新たな秩序を齎(もたら)して民心を安定せしめるのに多大の功があった。

しかし武家政治そのものは、我が國體の本義に鑑みて、あくまで許すことのできない政治組織である。

されば朝廷におかせられては、しばしば皇政復古の御計画をお立てになったが機未だ熟せず、殊に承久の変の如き後鳥羽・順徳の二上皇が、時の執権北条義時の手によりそれぞれ遠島に遷され給ふ御悲運を招いたことは、誠に畏き極みであった。

北條氏の専横

しかも變後北上氏はますます権勢を擅(ほしいまま)にして豪も改める色なく、殊に元寇の後、幕府の財政は著しく困難となったにもかかはらず、執権北條高時(たかとき)は遊楽をこととして政治を顧みなかったので、人心は次第に北條氏を離れて行った。

討幕の御計畫(けいかく)

時に第96代後醍醐天皇は、かねて皇政復古を実現して延喜(えんぎ)・天暦(てんりゃく)の聖代に復し、肇国精神に基づいて政治の刷新を図ろうとの御志を懐(いただ)かせ給うていたが、北條氏の専横がいよいよ募るに及び、遂に北條氏討伐の御計畫をお立てになった。

勤皇軍の興起

高時は大いに驚き、元弘(げんこう)元年(皇紀1991)、大兵を京都に向かはせ、翌2年(皇紀1992)、畏れ多くも天皇を隠岐に遷し奉ったが、この時既に楠木正成は詔(みことのり)を奉じて兵を河内に挙げ、金剛山の千早城(ちはやじょう)に寡兵(かへい)よく賊の大軍を苦しめて大義を天下に唱え、護良(もりなが)親王もまた吉野に據(よ)って諸国に義兵を募られたから、肥後の菊池武時をはじめ勤皇の諸侯が各地に続々と義軍を起こした。

ここにおいて元弘3年(皇紀1993)、天皇は名和長年(なわながとし)に迎へられ給うて沖から伯耆船山に行幸あらせられた。

北條氏の滅亡

つづく (p34)


海軍さんの歴史教科書
海軍教育局の練習兵用の歴史教科書を見つけました。 200ページ程の内容。簡潔にわかりやすく、 物語のように書かれてあります。 ...
[海軍さんの歴史教科書]4.武士の勃興と元寇の撃攘 
前の項目「3.国運の隆昌と東亜の情勢」では、奈良時代から平安時代、国の力がついて、今の私たちが見てもびっくりするくらい民主的で公の精...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする