マッカーサーと一緒に映った昭和天皇の表情をまねした男の子が気づいたこと


つい最近のこと、とても個性的で物知りな小学2年生の男の子とのエピソード。

少し前から歴史に興味を持ちだしたらしく、

ベルリンの壁のこととかマッカーサーのこととか、色々話してくれるのですが、

今回は、

「ねぇねぇ!マッカーサーと昭和天皇が一緒にうつっている写真あるよね?

その昭和天皇の顔の真似するね?」と。

これが、また、すごく似ていた。

「うんうん、そんなご表情だったよね~ 凄いね、流石だね!」

と彼を褒めながら、ちょっと突いてみた。(#^^#)

「この写真を撮った時、昭和天皇はマッカーサーにどんな話をしたか、知ってる?」

と。

「ううん、しらない。何を話したの?」

と興味津々問いかけてきたので、お話しました。

「この時、昭和天皇はね、自分はどうなってもいいから、国民を飢えさえないでください、とマッカーサーに頼んだのよ。

戦争に負けて食べるものがなくて、みんなとっても困っていたでしょ。

食料を輸入させてほしい、と。

自分の身はどうなってもいいから。

というお話をされたのよ。」と。

この話を聞いた瞬間、

彼の表情からおどけた表情が消えたのを、私は見逃しませんでした(#^^#)

自分が昭和天皇をからかうつもりで表情をまねしたことを、恥ずかしいと思い、

一瞬にして尊敬の念に変わった。

そういう彼の気持ちが瞬時に伝わってきました。

「もっと話して!聞きたい!もっと聞きたい!」とせっつかれ、、

「私ももっといろんなことをお話してあげたいよ。また、今度ね。」と、

時間切れになってしまったことをお互い悲しく思ったのでした。

こういう体験をすると、改めて思うのですよね。

子供達にこういう話を沢山聞かせてあげなければいけないと。

本当なら学校で教えるべき歴史の事実を、私たち大人ですらよく知らない。

そういう情けない状況にはおさらばしなければならないよな、と。

スポンサーリンク
simplicity11