小野小町の「移りにけりな、、」は老いを嘆く歌って、ホント?


花の色は移りにけりないたずらに

 わが身よにふるながめせしまに

                 (小野小町 おののこまち)

知らない人がいないくらい有名なこの歌は、

小倉百人一首に入っています。

五色百人一首なら、緑札のなかにありますね。

これは、

女性が年をとって老いてしまったことを嘆く歌ですよ~、

って聞いたこと、ありませんか?

「花はむなしく色あせてしまった。

春の長雨がふっている間に。

そして、私の容姿もむなしく色あせてしまったわ。

いたずらに世を過ごして物思いをしている間に」

と。

え~っ、そんな意味ぃ?

と女性としては複雑な気持ちになったりします。

「花の色は、、」が老いを嘆く歌っていうのは、本当?

この解釈に異を唱えているのが、

ここでも紹介している

『ねずさんの 日本の心で読み解く百人一首』です。

彼は、

絶世の才色兼備の小野小町が、そんな歌を詠むかなぁ。。

詠んだとして、そのような意味だとしたら、

それが古今集に収録される名歌なのだろうか。

と。

つづきは、、↓

[九番歌] 花の色は 移りにけりな いたづらに、、には、意外な意味が?

スポンサーリンク
simplicity11

コメント

  1. […]        我が身世にふる ながめせしまに        …kids88.org 小野小町の「移りにけりな、、」は老いを嘆く歌って、ホント? 花の色は移りにけりないたずらに  わが身よにふるながめせしまに […]