令和~ 梅花の歌32首って、どんな歌?


御代替わりになってもうすぐひと月。

令和という元号も、日常の中に馴染んできましたね。

初春の 月にして気淑く風 ぎ・・

(しょしゅんの れいげつにして き よく かぜ やわらぎ)

奈良時代、万葉集を編纂した大伴家持のお父さん大伴旅人が、

お正月に大宰府の邸宅にお客さんを招いて祝宴を開いた時、

あまりに素晴らしい自然のなか、

天を衣笠に大地を座敷にして酒を酌み交わす。

なんて幸せなんだろう。

文字にしなければどうやって心の内を表わすことができるだろう、

と梅を題材に皆で歌を詠みました。

その序文からいただいた元号ですね。

この時宴に参加していたのは、おそらく32人の殿方。

主の大伴旅人が詠んだ歌は

我が苑に梅の花散るひさかたの
 天より雪の流れ来るかも

(我が家の庭に梅の花が散っている。

さて、これは天から雪が流れてくるのでもあろうか)

他の人は、どんな歌を詠んだのかなぁ、、

知りたくなりますよね?

調べました。

32首の中から、少しご紹介しますね。

正月立ち 春の来たらば かくしこそ 梅を招きつつ 楽しき終へめ

梅の花 今咲けるごと 散りすぎず 我が家の園に ありこせぬかも

梅の花 咲きたる園の 青柳は かづらにすべく なりにけらずや

春されば まづ咲くやどの 梅の花 ひとり見つつや 春日暮らさむ

梅の花 散らくはいづく しかすがに この城の山に 雪はふりつつ

梅の花 散らまく惜しみ 我が園の 竹の林に うぐひす鳴くも

春の野に 鳴くやうぐひす なつけむと 我が家の園に 梅が花咲く

春の野に 霧たち渡り 降る雪と 人の見るまで 梅の花散る

春柳 かづらに折りし 梅の花 誰か浮かべし 酒杯の上に

うぐひすの 音きくなへに 梅の花 我家の園に 咲きて散る見ゆ

梅の花 折りかざしつつ 諸人の 遊ぶをみれば 都しぞ思ふ

妹が家に 雪かも降ると 見るまでに ここだも粉ふ 梅の花かも

ほんの一部のご紹介です。

ひとつひとつの歌から、情景がふわぁ~っと目の前に浮かびませんか?

千年以上も前の人たちが作った歌なのに、

新鮮!

人の心って、変わらないものなんですね。

それにしても、宴会で和歌の詠みあいっこするなんて、

風流で、知性溢れてますよね。

今の私たちより、数段すごい!


「梅花の歌三十二首 併せて序」↓

初春の令月にして 気淑く風和ぎ、、 新元号「令和」。万葉集も身近になりますね。
昨日4/1に 新しい御代の元号が発表されましたね。 『万葉集』からだなんて、なんておしゃれなんでしょう。 これを機会に、...