「元号と小倉百人一首の繋がり」について講義してきました(#^.^#)


昨日10/2(R01)の大人の初心者向け百人一首講師役、無事終了(^-^;

アクティブシニアセンター主催というだけあって、皆様私より年上でした。

皆さん、まじめです。

こういう方たちが日本の景気を下支えしてきたんだなぁ、、と久しぶりに実感。

少し昔、小泉政権の時に国民全員パソコンを使えるようになろう!

という掛け声のもとに公民館などでPC講習会が開催された。

あの時に講師役を務めた際にも思いました。

言われたことを忠実に実行する。

真面目。

勉強熱心。

すごいよね。

今日は、前半は「元号と小倉百人一首の繋がり」というテーマで45分講義。

後半は「百人一首で遊ぶ」実践編。

でした。

「元号と小倉百人一首の繋がり」についての話は、

これは私じゃなきゃできないでしょ、と結構自慢のネタ(笑)

たぶん、面白いと思っていただけたのではないかな?と思います。(#^.^#)

小学生相手だと、どんどん子供たちに聞いたり議論を持ち掛けたりするのですが、

大人の方相手なのでそこは自重。

一つだけ、

「シラス」という日本独自の統治方法について、「シラス」という言葉を知っていますか?と

尋ねたところ、誰もご存じありませんでした。

まさか、ね?という思いと、やっぱりぃ、、という感想。

せっかくなので「天壌無窮の神勅」もご紹介しました。

後半の実戦に移ろうとしたら、

「かるたより一つ一つの意味が知りたい!」という声が上がり、、

急遽変更して講義を続行。

追加45分小倉百人一首の講義をさせていただきました。

写真は、ある受講生がお持ちくださった板かるたです。

凄いですよね。私も欲しい。

10/2 福島市で「百人一首を味わう・遊ぶ」サロンがあります。是非どうぞ♪参加無料です
10/2水曜日午後、 福島市 A・O・Z(アオウゼ)で渡部が講師を務めます まだ、少し枠があるそうです。 是非、お出かけく...
シラスって、魚? ウシハクって、牛の名前? 日本の国治めのお話
日本は、神話の頃から、「シラス」による国づくりをしてきたんだ。 古事記の天孫降臨で、ニニギノミコトが天から地上へお降りになられ...

スポンサーリンク
simplicity11