「一燈照隅 萬燈遍照」安岡正篤先生


一燈照隅 萬燈遍照 (安岡正篤)

内外の状況を深思しよう。

このままで往けば、日本は自滅する外は無い。

我々はこれをどうすることも出来ないか。

我々が何とかする外無いのである。

我々は日本を易(か)えることが出来る。

暗黒を嘆くより一燈を点(つ)けよう。

我々は先ず我々の周囲の暗(やみ)を照らす一燈になろう。

微(かす)かなりとも一隅を照らそう。

手のとどく限り、到る処に燈明(とうみょう)を供えよう。

一人一燈なれば、萬人萬燈である。

日本は忽(たちま)ち明るくなる。

是れ我々の一燈照隅行、即、萬燈遍照(まんとうへんしょう)行である。

互いに真剣にこの世直し行を励もうではないか。

(昭和31年)

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11