「国がらをただ守らんといばら道すすみゆくともいくさとめけり」終戦の時に詠まれた昭和天皇御製


昭和天皇が終戦の時にお詠みになられた和歌

みはいかになるともいくさとどめけり ただたふれゆく民をおもひて

はご存じの方も多いと思います。

同じ時期に、次の御製も詠まれました

国がらをただ守らんといばら道すすみゆくともいくさとめけり

昭和天皇がマッカーサーとの会談で、御親らの身はどうなってもいい、国民を飢えさせるわけにはいかないので、どうか輸入させてほしいとおっしゃって食料(原料かも)が輸入されるようになったというエピソードがあります。

また、終戦翌年正月に、昭和天皇は「新日本の建設に関する詔書」を渙発(かんぱつ)されました。

新年にあたり、昭和天皇の「新日本の建設に関する詔書」を読んでみませんか?
新しい年 平成31年が幕を明けます。 先日12月23日の天皇誕生日(天長節)では、 天皇陛下からお言葉を賜り涙が流れて仕...

ここには、「五箇條の御誓文」の精神に立ち返り、ご自身はいつも国民の心と共にいるから、人類の福祉と向上のため一丸となってがんばりましょう、つらいことを乗り越えていきましょう、という信じられないようなありがたいおもいが記されています。

そして、その年から昭和天皇は全国巡業をなさいます。

御自ら率先して行動をおこされ、御生涯を通じて国民を励ましてくださいました。

そのおかげで、今の私たちの生活があるのだと思います。

この2つの御製を、噛みしめたいですね。

参考)『Viewpoint 11月号』 櫻井よしこ氏・竹田恒泰氏 対談

天皇家 百五十年の戦い[1868-2019]

昭和天皇と国際情勢と御製を箇条書きにしてみました

昭和天皇と国際情勢と 御製を箇条書きにしてみました
昭和天皇の凛々しいお写真にみとれているうちふと思いました。 私が知っている昭和天皇は、おじいちゃんだったけど、 大東亜戦争(第二...

終戦の詔に思うこと

スポンサーリンク
simplicity11