御垣守(みかきもり)衛士(えじ)のたく火の夜は燃え 昼は消えつつ物をこそ思へ[四十九番歌]


御垣守(みかきもり)衛士(えじ)のたく火の夜は燃え 昼は消えつつ物をこそ思へ

(大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶあそん)921-991 / 詞花集)

大中臣能宣朝臣は、平安時代中期の歌人で、三十六歌仙にも選ばれています。村上天皇の命を受けた勅撰集「後撰和歌集」の編纂者のひとりです。

61番歌「いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな」を詠んだ伊勢大輔の祖父にあたります。

御垣守(みかきもり)というのは、皇居や宮中の警備をするひとのこと。

彼らは24時間体制で皇居を守りました。夜は篝火(かがりび)を焚いて仕事をしたので、番小屋は「火焚き小屋」と呼ばれたそうです。

★意味★

皇居の諸門を警護する衛士たちの焚く篝火は一晩中燃え、日中は消えることを繰り返しています。その事を深く思っています。

★解釈★

この歌は『詞花集』に恋歌として載っているので、「衛士たちの篝火が夜は燃えて昼は消えるように、私の恋は夜になると燃え上がり昼には消えそうなほど思い苦しんでいます」

という意味だと解説する本も多いのですが、それはあくまで表面的な意味ではないか、と疑問を呈している人もいます。

衛士というのは、一般の民間人が自分のお金で京にのぼり御垣守を務めた、今でいう勤労奉仕のようなものだという解説もあります。感謝の気持ちで皇居の警備をし、それを栄誉あることだと思う、そういう風潮がありました。

また、作者の大中臣能宣朝臣は、晩年 伊勢神宮の祭主を務められた神祗官でした。

この和歌は、「苦しい時やつらい時は御垣守の篝火を思い出し、衛士たちが務めを果たしている姿を思って、天皇のおおみたからとして大切にされている幸せを感謝する心を養いなさい」という意味が込められていると言います。

参考)

ねずさんの 日本の心で読み解く「百人一首」

小倉百人一首を読み解こう

小倉百人一首を読み解こう
せっかくの百人一首大会。 それぞれの歌が詠まれた時代背景や世相、隠された真意等について考えてみましょう。 ここでは、『ね...
「橙札」一覧 (五色百人一首かるた)
五色百人一首かるたの「橙札」20首一覧 小学生が、小学校で少しの時間で飽きずに百人一首を楽しめるようにと学校の先生が開発したという五色...
「橙札」一覧 (五色百人一首かるた)
五色百人一首かるたの「橙札」20首一覧 小学生が、小学校で少しの時間で飽きずに百人一首を楽しめるようにと学校の先生が開発したという五色...

第6回小学生百人一首大会

小学生百人一首かるた大会 in郡山
第7回小学生百人一首大会は、令和2年9月以降開催予定です。 【お知らせ】 令和2年8月23日に予定しておりました第7回小学生百人一首大会...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11

コメント

  1. […] 御垣守(みかきもり)衛士(えじ)のたく火の夜は燃え 昼は消えつつ物をこそ思へ […]