人をもし人も恨めしあぢきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は (九十九番歌/後鳥羽院)


人をもし人も恨めしあぢきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は

[99番歌/後鳥羽院(1180-1239)・『続後撰集』]

★歌の背景

99番歌 後鳥羽院のこの歌は、承久の乱の9年前、上皇になって14年目に詠んだ歌です。

承久の乱というのは、鎌倉時代の承久3年(1221年)、

後鳥羽上皇と鎌倉幕府 北条義時 との間で起こった戦い。

朝廷側の敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流されました。

王政復古を強く願われ決起され、破れた。

これで世は武家政治へと移っていったのですね。

★歌の意味

仏の道も人も愛おしい。仏の道も人も恨めしい。

世のために思索を重ね様々な取り込みをしてきたけれど

それらが全て味気なく思える (小名木義行氏解釈)

解説書によっては全く違う説明が、、

『授業で使える「五色百人一首」小話集』(小宮孝之著)には、小名木氏解説とは全く異なる解説がなされています。

簡単に説明しますと、

「後鳥羽院と順徳院は、鎌倉幕府に対して承久の乱を起こし敗れた。

後鳥羽院と順徳院は流罪になった。

後鳥羽院と順徳院は歌の才能は認められたが、百人一首に採用されたときにも順徳が100番、後鳥羽が99番という扱いになった。」

という内容が書いてあります。天皇に敬称もなし。う~~ん。

小名木義行氏の解説のほうが、私にはすっきりと心に入ってきます。

ねずさんの 日本の心で読み解く「百人一首」

★「九十九番」と「百番」に込められた編者 藤原定家の想いや、百人一首が編纂されたころの社会情勢などについては、「元号って、そもそも何?」ページで説明しています。
分かりやすく俯瞰して説明していますので、ご覧いただければ嬉しいです。

元号って、そもそも何(・・? ~[元号]と[小倉百人一首]から読み解く日本の国柄
「元号」って、そもそも何?いつから使われているの?どうしてあるの?日本以外にも使われているの? 「令和」になって3ケ月が過ぎ、...

小倉百人一首に収録されている8首の御製から奈良平安時代を感じてみる

百人一首を読み解こう

小倉百人一首を読み解こう
せっかくの百人一首大会。 それぞれの歌が詠まれた時代背景や世相、隠された真意等について考えてみましょう。 ここでは、『ね...

五色百人一首色別一覧

五色百人一首 青札,黄札,桃札,緑札,橙札 色別一覧(小倉百人一首)
五色百人一首を 青札,黄札,桃札,緑札,橙札 色別一覧です。(小倉百人一首) 【五色百人一首大会公式認定札】TOSSオリジナル教材(東...

第6回小学生百人一首大会

小学生百人一首かるた大会 in郡山
第7回小学生百人一首大会は、令和2年9月以降開催予定です。 【お知らせ】 令和2年8月23日に予定しておりました第7回小学生百人一首大会...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11

コメント

  1. […] 人も惜し人も恨めし味気なく 世を思ふ故にもの思ふ身は […]

  2. […] 99番歌 人をもし人も恨めしあぢきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は(82代 後鳥羽院) […]