「優」という字は、人が憂うると書く。その心は?


「優」という字は、人が憂うると書く。

その心は?

人間はいろいろな経験にあって憂えなければ人物ができない

「優」という字は、「まさる」ともいいます。

「ゆったりする」とか「余裕がある」という意味もあります。

人は、色々な経験にあって憂えなければ人物ができない。

何の心配もなく平々凡々に暮らしていたのでは、優れた人にはなれない。

多くの憂慮を乗り越え悩みぬいてこないと、人物ができない。

人はいろいろな問題について経験を積み、悩み、憂を摘んで思索し、学問し、鍛錬されて初めて余裕や落ち着きができ、人間が優れてくるものです。

含蓄のある言葉ですね。

第6回小学生百人一首大会

小学生百人一首大会エントリー先着30名に、入手困難と評判だったあの「歴代天皇系図」ファイルをプレゼント!
みなさま、朗報です! 巷で評判になり、欲しい人が続出していたあの「御歴代天皇陛下之系図ファイル」を頂きました。♪♡♪ こ...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11