小学生百人一首大会で使うオリジナル和歌カードが仕上がってきました。~エントリー受付中♪


第5回大会で使用したカード。参加者にもプレゼントしました。

ことふみ郡山の百人一首大会は、所謂「競技かるた」とは一味ちがいます。

思いっきりのオリジナルルールで楽しむ時間です。

簡単に説明しますと、

三部門制になっていて、

1)最初に、小倉百人一首の中から20首で競い、

2)次に、百人一首・和歌・日本の国柄等についての講義を受けたのち筆記テストで競い、

3)最後に、小倉百人一首にはないけれど有名な和歌20~24首でかるたをします。

最後に行うかるたについては、

毎回オリジナルかるたを作って、毎回違う和歌で勝負します。(#^.^#)

どんな和歌は、当日にならないとわかりません。

上で紹介した写真は、第5回大会で使ったものです。

裏面は、下の句だけになっていて、それでかるたをします。

先ほど、今回使う和歌カードが出来上がってきました。

中身は当日参加者だけが知ることができます。

このカードには、色々と仕掛けが施してあります。

表面は写真のように、一つの和歌をそのまま紹介しています。

左上に、色分けされた番号等が書かれていますが、

これがひねりどころ!

うのカードのようなゲームができるような仕組みになっています。

自分の手札を出す時に必ず発話する、というルール付きで行うので、

素読にもなっちゃうんです。

これ、絶対たのしいの。

というわけで、まだエントリー受付ていますので、どうぞご参加くださいね。

第6回小学生百人一首大会

小学生百人一首かるた大会 in郡山
第7回小学生百人一首大会は、令和3年2月11日(祝)に開催が決まりました。 【お知らせ】 ■お待たせしました。第7回小学生百人一首大会は、令...

大人向け百人一首ワークショップも

また、大人向けにワークショップ形式でやってほしいというお声もちらほらいただいております。もし、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいませね。

それでは、今日のこれからの時間がやさしさに包まれたものでありますように(^_-)-☆

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11