天皇系図:えっ?こんなん?25代武烈天皇と26代継体天皇の繋がり方が興味深い。


水戸黄門様でおなじみの徳川光圀と、徳川最後の将軍 徳川慶喜の父 徳川斉昭 の二柱の神様をお祀りしている常盤神社の境内で、「ご自由にどうぞ」と置いてあったので、頂いてきました。無断掲載なので、怒られるかもしれません。その時は引っ込めますので、ご指摘いただければ嬉しいです。

天皇系図

さて、

注目すべきは、25代 武烈天皇と26代 継体天皇。

武烈天皇の後、4代遡って仁徳天皇の御兄弟のひ孫の子、玄孫(やしゃご)が継体天皇。

同時代にいらっしゃらないときは、系譜を遡って繋いでいるのがわかりますね。

もう一つ。

119代光格天皇は、118代 後桃園天皇のひいじいちゃんの世代まで遡ってパパママ世代まで下りてきている、おじさんに引き継がれたということですよね。

みんな苦労して頑張って繋げて来たんだなぁ、、ということがわかります。

悠仁殿下の次をみんな心配していますが、神武天皇の血を引く男子は同年代に10人以上いらっしゃるとも聞きます。

そう考えると、日本国民が思考停止している間に、悪だくみをする連中が喧伝して世論の流れをつくろうとしているんだなぁ、と。

無知だと攻撃されるってことですよね。

皇位継承問題自体は、実は、そう心配することでもないお話で、制度面でのサポートがきちんとなされれば解決する話。

その事実を伏せて、私たち日本国民に知らせたくない、知らせてしまうと、日本が繋がっていっちゃうじゃないか、と男系継承を何としてでも途絶したい勢力、日本国滅亡を企む勢力が必死に女系天皇論を唱えているにすぎない。

そこまで舐められてホイホイ流されているわけにはいきませんよね。

女系女系詐欺に引っかからないようにしっかり理解しておかないといけませんね。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11