自分に甘くなりがちな心が出て来た時には、冷静に己に問うてみよう:佐藤一斎


自分ではそれなりに自らを律しているつもりでも、

ついつい己に甘い身勝手な心がもたげてきたりするものです。

そんな時に思い出したい佐藤一斎先生の言葉をご紹介します。

我が言語は、吾が耳自ら聴くべし。

我が挙動は、吾が目自ら視るべし。

視聴既に心に愧(は)じざらば、

則(すなわ)ち人も必ず服せん。

「言志四録」

★訳★

自分の言葉は、自分の耳で聴くがいい。

自分の立ち居振る舞いは自分の目で見るがいい。

自分の目で視、自分の耳で聴いて、心に愧じることがなければ、

人もまた必ず従うだろう。

第6回小学生百人一首大会

小学生百人一首かるた大会 in郡山
小学生百人一首大会~三部門ポイント制で競う新しいタイプの”まな遊び” ごあいさつ 百人一首を通じて、日本語の美しさや、古来よ...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11