小学卒業祝いには、今年もやっぱり『物語日本史』(平泉澄著)


卒業式の季節がやってきますね。

私と関わりのある小学生の中にも卒業を迎える児童がいます。

卒業祝いにはやっぱり本をあげたいな、と思い、昨日書店内を物色。

その結果、、

、、

、、

小学卒業祝いには、今年もやっぱり『物語日本史』(平泉澄著)

いつものように、平泉澄先生の『少年日本史』の文庫版『物語日本史』を選びました。

物語日本史(上) (講談社学術文庫)

あれこれ悩んでも、

やっぱりこれに落ち着きます。

本当は、『少年日本史』をあげたいのだけど、大きい本なのでつい文庫本にしてしますケチな私がいます。(反省)

文庫本は(上)(中)(下)。

字が小さいのが難点。

それでも、この本は読んでほしいと渡します。

「今は難しいと思うだろうけど、本棚の隅にでも置いておいて。

そして、高校生くらいになったときに、「あれっ?これ、なんだろ?なんでこんな本があるんだぁ?」とつぶやきながら、パラパラっとめくって、そして読み進めていってくれたら嬉しい」

そういって渡します。

子供達は、笑って受け取ります。

文庫本にも私の好きな「はしがき」が入っていれば最高なのに、、

この「はしがき」を読むと、

私たちに日本の歴史を正しく伝えたい、

そういう先輩たちの意気を無駄にしてはいけない、

きちんと読まなきゃ、と思います。

あまりに感動的な「はしがき」なので、是非お目通しいただければ嬉しいです。

リンク先のページで引用しています。

平泉澄先生のメッセージを紹介します

平泉澄先生の、今を生きる私達に向けてのメッセージを紹介します←『物語 日本史』平泉澄著 (講談社学術文庫)
2年ほど前、ある人に、 『少年日本史』 平泉澄著 を勧められた。 『少年日本史』(平泉澄著) 早速購入。 ...

物語日本史(上) (講談社学術文庫)

数年前にも同じこと書いてました(笑)↓

小学校を卒業する記念に贈る本は、毎年やっぱりこれ!『物語日本史』(平泉澄著)
小学校を卒業する習い子達に、今年はどんな本を送ろうかな、と、考えるけれど、結局、毎年、この本になります。 文庫本で、字が小さく...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11

コメント

  1. […] 小学卒業祝いには、今年もやっぱり『物語日本史』(平泉澄著) 卒業式の季節がやってきますね。 私と関わりのある小学生の中にも卒業を迎える児童がいます。 卒業祝いにはやっぱり本をあげた…kids88.org […]