「女性は心清く優しく情操豊かならざるべからず」:散華された海軍兵 田中勝さんの遺書


先の大戦で、本当に多くの優秀な若者が散華されました。

時々、英霊の言乃葉を読みます。

昭和19年にフィリピン方面の海上で散華された海軍兵曹長 田中勝さんが、お嬢さんに残した言葉をご紹介します。

「出征に際し 愛児に訓(さと)す」

そこ許ら幼にして聖戦に父を失ひ、

日常生活において心の底に空漠を感ずることあらんも、

父の国に殉ぜし意義を慮(おもんぱか)り、

むしろこれを誇りとして、強く正しく、母を扶(たす)け、

社会に尽し、日本婦人として充分皇恩に報ゆべし。

殊に女性は心清く優しく情操豊かならざるべからず。

学芸に秀ることはよろし、

これが為 女徳を失はざること肝要なり。

生活の為 職に就く場合、はた又長じて結婚する場合も、

能く父の訓(おしえ)を思ひ、

修養につとめ、高潔なる志操を持ち、孝養を怠る勿れ。

出師(すいし)にあたり一言はなむけとする。

幸運を祈る。

昭和16年12月4日

『英霊の言乃葉(1)』靖国神社刊より

英霊の言の葉

英霊の言の葉
数日前、久しぶりに靖国神社に詣でました。 神社の境内に吹く風は、いつもとても清々しくて、心が洗われるのを感じます。 70...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11