女性が40歳になったときの心構えについて:佐藤一斎『言志四録』


佐藤一斎の『言志四録』の中に、女性が40歳になったときの心構えについての記述がありましたので、ご紹介します。(笑)

女性が40歳になったときの心構えについて:佐藤一斎『言志四録』

夫人の齢(よわい)四十も、亦一生変化の時候と為す。

三十前後猶お羞(しゅう)を含み、且つ多く舅姑(きゅうこ)の上に在る有り。

四十に至る比(ころ)、鉛華(えんか)漸(ようや)く褪(あ)せ、頗(すこぶ)る能く人事を料理す。

因(よ)って或いは賢婦(けんぷ)の称を得(う)るも、多くこの時候に在り。

然れども又其の漸く含羞(がんしゅう)を忘れ脩飾(しゅうしょく)する所無きを以て、

則(すなわ)ちあるいは機智を挟(さしはさ)み、

淫妬(いんと)を縦(ほしいまま)にし、

大いに婦徳を失うも、亦多く此の時候に在り。

其の一成一敗(いっせいいっぱい)の関すること、

猶お男子五十の時候のごとし。

預(あらかじ)め之が防(ぼう)を為すことを知らざるベけんや。

★現代語訳★

女性の40歳も変化のある時期である。

30歳前後はまだ恥じらいがあり、上には舅や姑がいる。

ところが、40歳頃になると化粧をする気持ちも褪せ、人の世話も上手になる。

そのため、賢夫人と呼ばれるのも、多くはこの時期である。

しかし一方で恥じらいがなくなり、用紙にも気を配らず、

その場しのぎがうまくなり、

身を持ち崩したりして、

婦徳を大きく失ってしまうのもこの時期に多い。

婦徳が成るか成らないかは、男子の50歳の頃と同じようである。

預(あらかじ)め之を防ぐことを知らなければならない。


参考)
佐藤一斎一日一言

大塩平八郎が佐藤一斎先生に出した手紙

佐藤一斎先生に届いた長い手紙の差出人、大塩平八郎は求道の人、義憤の人でした。
佐藤一斎先生と、ある有名な人とのつながり、そして、その人の生き様について。 天保8年(西暦1833年)、佐藤一斎先生のもとに、ある...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11