視れども見えず 聴けども聞こえず 『大学』『言志四録』


『大学』に

心焉(ここ)にあらざれば、

視れども見えず、

聴けども聞こえず、

食らえどもその味を知らず

という言葉があります。

佐藤一斎の『言志四録』にも、似たような訓話が載っています。

視るに目を以てすれば則ち暗く、

視るに心をもってすれば則ち明(あきらか)なり。

聴くに耳を以てすれば則ち惑い、

聴くに心を以てすれば則ち聡なり、

言動も亦同一理なり

★訳★

物事を目で視ているだけでは真相はわからないが、

心でみれば実相が明らかになる。

耳で聴くだけでは真相はわからないが

心で聴けばはっきりしてくる。

これは、言葉や動作でも同じことが言える。

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11