歴史書を読むべし :佐藤一斎


歴史を学ぶことは、必要で大切な理由

人の一生の履歴は、幼児と老後とを除けば、おおむね死後十年に過ぎず、

其の聞見する所は、ほとんど一史だにも足らず。

故に宜しく歴代の史書を読むべし。

上下数千年の事跡、羅(つら)ねて胸臆(きょうおく)に在らば、

亦快たらざらんや。

眼を著(つ)くる処は、最も人情事変の上に在れ。

(佐藤一斎『言志後録』)

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11