光琳かるた を買ってみました


尾形光琳が描いたと言われる「光琳かるた」をたまたまオークションで見つけたので、

買ってみました。

尾形光琳といえば、「紅白梅図屏風」等誰もが知っている江戸時代の絵師ですね。

尾形光琳が描いた百人一首「光琳かるた」のすてきなこと♪
小倉百人一首のかるたは、色々なものがありますよね。 少し前あるご婦人が話して下さったことがあるのですけど、 彼女が育った...

尾形光琳が小倉百人一首の札の絵を描いていたなんて、いったいどんな絵なのだろうと興味津々。

上の句の札には、歌仙絵が書いてあり、

下の句には、花鳥風月が描かれています。

箱とかるたのサイズが一致していないと思いつつも、せっかくの出会いなので買ってみました。

これを復刻版の本物というのか、はたまた偽物?なのかすらわかりませんが、風情があることだけは間違いない(笑)

とどいたかるたには解説集はついていないので、上の句と下の句を自分で合わせなければなりません。

楽しみが増えた半面、、、

字がよめない(@_@)

特に下の句が判読できない(汗)

まぁ、

でも、それも風情があっていいよね。

ということで、まずは上の句と下の句を合わせることから楽しもうと思います。

そして、せっかくなので

来月のことふみ塾「百人一首を学ぶ楽しむ」でもみんなで楽しもうと考えています。

興味のある方は、是非ご参加くださいませ。

第1期ことふみ塾「小倉百人一首を学ぶ楽しむ♪」
小倉百人一首は恋の歌ばかりだと思っていませんか? 実は、小倉百人一首は壮大な歴史書という側面もあります。 元号や天皇とも...

スポンサーリンク
simplicity11

コメント