主君に諫言をする人物を育てる方法は「道理を知らせること」そのために学ぶことである。:『嚶鳴館遺草』細井平洲


西郷隆盛も尊敬していた 江戸時代の儒学者 細井平洲。

細井平洲が門人の藩主などとした問答や随筆をまとめた『嚶鳴館遺草(おうめいかんいそう)』から、主君に諫言する人間をそばに置いておくことの重要性と、諫言できる人材をどう育成するかについてのお話です。

渡邉五郎三郎先生の私解にてご紹介します。

私解、というとわかりづらいですが、『嚶鳴館遺草』は漢字の羅列なので、

私たちには読むことが困難。(^-^;

渡邉五郎三郎先生による現代語訳と理解するとわかりやすいです。

主君のそばにいて正直に意見を述べる者を置くことは大切である

君主のそばには、なにはともあれ正直に意見を述べるものを置くのが第一とお考えになられておられましたところ、私がお答え申し上げたものと一致してご安心なさいましたとの御由(おんよし)、大慶(たいけい)に存じ上げます。

しかしながら、その是非善悪を明確にし、その判断を正直に申し述べるほどの人物はなかなかいないとのお話、ごもっともに存じます。

なるほど、どの御家中にもご家来はたくさんおられましても、右の事をしっかり弁(わきま)え、主君に諫言(かんげん)できるような人は多くはありません。

どんな人でも主仕えをする者で自分の主君が悪であってほしいと思うような人はありませんが、そのことを実行する力がなければ、申し上げたくてもそれが出来ず、結局は押し黙って、心の中ではいけないと思いながら何も言えずに毎日を過ごしているというのは致し方のないことと言えます。

だからといって、放っておくわけには参りませず、逐次それができる人物を育てるように御心懸け下さるようにと存じます。

主君に諫言できるような人物の育てるには、物の道理をわからす。そのためには学問をさせることである。

そのような是非善悪を判断できる人物を育てる方法は、人に道理を知らせることであります。

人に道理を知らせる手段は、学問をさせることであります。

学問をさせるには先づ「大学の道」を読ませ習わすことであります。

読み覚えますと、その意味を知りたくなるのが人情の常であります。

一つわかり、二つ判り、数を重ねてまいりますと、物事が段々わかってくることは、人の心の霊妙な働きであります。

そして、心に判れば、口にも出し、行いにも表れてくることは、自然の成り行きであります。

下世話(げせわ)にも申します通り、習わぬ経は読まれぬと申しますことは、成人賢人のうえでも同様であります。

世の中で物知りと申す人も、習わぬ昔は何も知らない人でありました。

ですから、ご覧になりましたように、聖王賢君と言われる人が天下国家を治められる道も、人を道理の判る人に育てるということがよく国を治める手初めであります。

人に何が善か悪かを分からせずに、善をせよ、悪をするなと申すことは、天使の御威厳でも不可能なことであります。

御家中の人々も、学ぶことが良いことだとわかりましたならば、一人として学ばないものはありません。

学問嫌いのある主君の身に起こったこと

私が若い時に聞いた話ですが、あるところの君主が生まれつき学問嫌いで、日頃申しだすことも道理に合わないことばかりで一家中困っておりましたので、家臣たちが話し合って、兎に角輪のようなものでもお聞きになれば、物の道理も判るように考え、色々方策を練って、儒者を招いて大学の講義を始めることにしました。

ところが一同伺っておりますと、大変退屈して不快な様子でおられますうちに目を舞わされ、それよりいよいよ嫌いになられて、講釈と申すものは人にとっては大毒と申されて、いよいよ聞かれないようになり、不道理な言行もひどくなり、我がまま気ままに振る舞われて、家中の迷惑もいよいよ大きくなりました。

そこで、重職の者たちも又色々と相談をし、せめて一回だけでもお聞きになりますようにと、別の儒者を呼んで講義をさせました。

最初のうちは、また目をまわすのではないかと不安げなご様子でしたが、その儒者がどのようにお話したか判りませんが、大変興味をひかれ,一向御退屈の様子もなく、重職たちも非常に喜んで、あまり長くならぬようにと告げましたので、適当なところで講義を止めました。

すると、「とても面白かった。ご苦労とは思うけれども、出来たら今一度御講話を聞きたい」との仰せで、それからは講話の日を待たれて聞かれるようになったので、次第に道理もお判りになり、後には随分褒められる程の君主になられたそうであります。

おそらく、最初の儒者は、事難しく、自分が永年学びました精密な学問の効能を、その場一回で相手に理解させようと、微妙な道理を詳しく申し上げたに違いありません。

然し、初めてそのような話を聞かれる耳には、なんのことか一向にわけもわかりませんので、退屈され嫌がられるようになったのであります。

後の儒者はきっと教え上手な者で、書物の上の誰も分かるような道理を勿体ぶらず優しく講じましたので、講話が進むに従い、物の道理も納得でき,判ってきて段々面白くなられたものであります。

すべて諸技芸は、知らない人には嫌いになるものであります。

茶の湯・蹴鞠(けまり)・能囃子(のうばやし)でも、判からぬ間は退屈なものですが、少しでもその道がわかってきますと面白くなるのが人情であります。

そういうわけで、下世話にも、下手が嫌いになり、上手が好きになるとも、また嫌いが下手になり、好きが上手になるとも申します。

兎角、世の中は判らないもので自分の主人はそれが嫌いだという家来は、自分が嫌いなのであり、家来がそれを嫌いだという主人は、主人自身が嫌いなもので、本当にそれが好きか嫌いかできるかできないかは、実際にあたってみなければ判らないものです。

そういうわけですから、善悪利害が能く判っていて、それを人に教え諭すことのできるものを一人か二人選び出して、その者を大事にされたならば、誰も主君に認められたく、その中には脳の差はありましても、その人なりに知恵もつき、物の道理がわかるようになることは間違いありません。

とは言いましても、さしあたりそのような人物がいなければ、領地外の他の国の人でも、希望に叶う人物を雇われるべきであります。他国の人を雇うことは決して恥にはならぬと存じます。

『細井平洲の人間学』「「嚶鳴館遺草」つらつらふみ 君の巻」私解 (渡邉五郎三郎著) p.28-36 より

続きはこちら↓

家臣のなかに役立つ人材を多く見出し、外部から立派な師を迎えるべし:細井平洲
前回、江戸の儒学者 細井平洲の『嚶鳴館遺草』の中から、 主君に諫言する人物を育てる方法『嚶鳴館遺草』(細井平洲) ...

『嚶鳴館遺草』(細井平洲:渡邉五郎三郎先生訳)~殿様に学問されてしまうと下の者は大変になると言われるのだがいかがなものか、と相談をうけた細井平洲の答え。
名君 上杉鷹山を導いた 細井平洲の「嚶鳴館(おうめいかん)遺草」の現代語訳(渡邉五郎三郎先生訳)を味わいましょう。 殿様に学問され...
名君 上杉鷹山を導いた 細井平洲の「嚶鳴館(おうめいかん)遺草」を渡邉五郎三郎先生が現代語にしてくださった本
本棚に手書きの本を見つけました。 渡邉五郎三郎先生の自筆の本。渡邉五郎三郎先生の講義は、いつも先生の自筆の本で学んでいたのです...
「菊作り大根作りにみる人づくり」(細井平洲『嚶鳴館遺草』)についてのお話です
細井平洲(享保13年(1728年)-享和元年(1801) )は、上杉鷹山が師と仰いだ江戸時代の儒学者です。 弟子には「寛政の三...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11