孫子 1.始計


孫子の兵法

1. 始計

・孫子曰く、兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり。

察せざるべからざるなり。

・故にこれを経するに五事をもってす。

一に曰く、道、

二に曰く、天、

三に曰く、地、

四に曰く、将、

五に曰く、法なり。

道とは、民をして、これと意を同じうし、これと死すべく、これと生くべくして、危きを畏れざらしむるなり。

天とは、陰陽・寒暑の時勢なり。

地とは、遠近・険易・公狭・死生なり。

将とは、智・信・仁・勇・厳なり。

法とは、曲制・官道・主用なり。

およそこの五者は、将の聞かざることなく、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。

・故にこれを校として以て計り、その情を策(もと)む。

曰く、主はいずれか道ある。

将はいずれか能ある。

天地はいずれか得なる。

法令はいずれか行わる。

兵衆はいずれか強なる。

士卒はいずれか練たる。

賞罰はいずれか明なる。

吾これを以て勝負を知るなり。

・将に吾 計を聴き、これを用いんとすれば、必ず勝ち、これに留まらん。

将に我 計を聴き、これを用いざらんとすれば、必ず破れ、これを去らん。

計 利にして以て聴かるれば、即ちこれを勢となし、以てその外を佐(たす)けん。

勢は、利によって権を制するなり。

兵は詭道なり。

故に能にしてこれを能成らざるを示し、

用いてこれに用いざるを示し、

近くしてこれに遠きを示し、

利してこれを誘い、

乱してこれを取り、

実してこれを備え、

強くしてこれを避け、

怒らしてこれを撓(たわ)め、

卑しめて之を驕らし、

(いつ)にしてこれを労し、

親しんでこれを離し、

その備えなきを攻め、

その不意に出づ。

これ兵家の勝にして、先に伝うべからざるなり。

・それ未だ戦わずして廟算(びょうさん)に勝つ者は、算を得ることおおければなり。

未だ戦わずして廟算に勝たざる者は、算を得ること少なければなり。

算多ければ勝ち、算少なければ勝たず。

然るを況や算なきにおいておや。

吾はこれを以て之を観れば、勝算は見えたり。

彼を知り己を知れば百選あやうからず

彼を知り己を知れば、百戦して殆(あやう)からず。:孫子
孫子の兵法に、有名な一節があります。 彼を知り己を知れば、百戦して殆(あやう)からず。 有名なこの一節の後にどんな言葉が...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11