彼を知り己を知れば、百戦して殆(あやう)からず。:孫子


孫子の兵法に、有名な一節があります。

彼を知り己を知れば、百戦して殆(あやう)からず。

有名なこの一節の後にどんな言葉が来ているのでしょう。

彼を知らずして己を知れば、一勝一負。

彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆(あやう)し。

なるほど。

ついでに、『孫子』の中の「軍形」にこんな言葉もあります。

勝つべからざるものは守りなり。

勝つべきものは攻むるなり。

守りは則ち足らず。

攻むるは則ち余りあり。

善く守るものは九地の下に蔵(かく)れ、

善く攻むるものは、九天の上に動く。

故に能く自ら保って勝ちを全うするなり。

攻撃は最大の防御ってことですよね。

世界がきな臭さを増してきつつある今、孫子に学ぶことも大切ですね。

孫子1.始計

孫子 1.始計
孫子の兵法 1. 始計 ・孫子曰く、兵は国の大事にして、死生の地、存亡の道なり。 察せざるべからざるなり。 ・故にこれを経す...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11

コメント

  1. […] 彼を知り己を知れば百選あやうからず […]