自由なれば人とならず。人となれば自由ならず。:趙陶齋


人の一生、

なすべき道理を知らず、

よめども、かけども、うかうかと人身に遠ざかるは、

ただ生きて、ただ死ぬる部なり。

これを佛家にて米くい蟲という。

この米喰い蟲の部にいらぬようにと、

常に心を用ゆる事なり。

是を人の大用心という。

唐にて諺に言う。

自由なれば人とならず。

人となれば自由ならず。

本式の人となれば、

貧富貴賎の沙汰を論ぜず。

下位下賤にいるといえども、その人は一品最上の位なり。

心廣體胖(しんこうたいはん)なり。

人がほむるも、そしるも、我にあらずというほどの事にいたるべし。

趙陶齋

心廣體胖–心広く体豊か 『大学』

萬の苦を離れて此の真楽を得るを学問のめあてとす:中江藤樹
江戸時代初期に中江藤樹(なかえとうじゅ/1608-1648)という陽明学者がいました。 近江聖人と称えられていたそうです。 ...

スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity11